見られてる

■4タイプが組み合わされた場合の子どもの性格
<支配×保護の「過保護型」>
親が子どもの世話を焼きすぎてしまい、子どもに自発的な行動をさせにくくすることで、子どもの依存心が強くなり、幼児的なふるまいが抜けなくなることがあります。
<保護×服従の「甘やかし型」>
子どもを甘やかすことで、自分の言うことは何でも通ると子どもが勘違いし、自己中心で反抗的な態度を見せるような性格になることがあります。
<支配×拒否の「残忍・残酷型」>
親から逃げるために逃避的な性格を見せたり、不安で神経質な性格になったりすることがあります。


これらの分類にあてはまらないパターンも、たくさんありま~す。とはいえ、親の行動や態度は、子どもにとってはとても大きいもの。親になったら、自分の行動や態度が子どもにこんなにも影響を与えるかもしれないということをよ~く考えて行動さ~

小学校で役員していたとき聞いたお子様らの会話は、親よく見てるな~と関心

不倫の話しをペラペラ

うちのお父さん不倫してんだよ~とか

休みは嘘ついて♀に会いに行ってて、お母さんが泣いてるとかとか

お母さん近頃派手になり、あれは浮気だとか


取り敢えず、なんでもうまくやれ~なんだけど

お子様な大人だと、行動がお子様だからば~ればれ

中学の役員のときは、親の携帯見たなんてな感じで

大きくなると、レベルあが~る

で、浮気なんてしてる親から勉強やれとか言われても

こいつ何言ってるんだと思うとさ~

うちはそれにしても、よく横道それんな~とて感じ(爆)(笑)

高校3年で、進路決めるのに、わたしの仕事関係にするらしい
D10媚薬
韓国痩身1号
SPANISCHE FLIEGE D5