恋愛の終わり

イベントホールやカフェといった
開かれた空間
威哥王 .
そして
ドア一枚隔てた
プライベートな空間

ホテルは
そんな空間として利用する


今もよく思い出す女性がいる

最後の場面は
ホテル前の交差点

彼女の後姿が人ごみに消えた


いつか別れが来るとは思っていたが
現実は非情であり非常だ

ただ
私にとっては突然でも
彼女にとっては
決めていたこと

だから
必然でもあった

德國魔棒,

「こんな夜は涙見せずにまた逢えると言ってほしい」
    
こんな別れもあるだろう

恋愛の終わりっていろいろ

もう大人だし
青春時代とは違うからね