今日の朝刊に

バイクに乗った男性が車と衝突し
死亡…とあった。

交差点で右折した車に
直進してきたバイクが前方の車を
追い抜き交差点内で衝突したようだ。

いつも思う。

バイク乗りって何で無理に追い抜こうとするのか?

全員が全員では無いけども、
山道とか車で走ってる時に
わざわざカーブとかで追い抜こうと
するのか…

直線の道路で抜けるタイミングは
ある筈なのに、わざわざカーブで追い抜こうとする。

しかも見通しが悪い所で

これで何回か事故に巻き込まれそうになった事がある

カーブの出口で対向車が来ていて
追い抜こうとしたバイクが俺の車の側面に倒れた事もあった

急なカーブが多い峠道だったしスピードも出せない状況だったので、バイクは転倒する事なく俺の車にもたれかかるように一緒に停車した。

別件で林道に近い道路で
やはり直線で追い抜かず
カーブで追い抜いて行ったアホがいた

しかも追い抜いてから
片手を上げて、謝る仕草を見せていた。


よくレースなんかでは
カーブで追い抜くシーンを見るが
自分がレーサーになった気分になるんだろうか?

サーキットでは、進行方向にしか
車もバイクも走っていないが、
公道では前方からも横からも
走ってくるのである。

自転車もそうだ…

交差点とかで横断歩道を走ってくるのではなく
妙な所から不意に出てくる事がある。

子供には、よく言うのだが
『自転車からは見えていても
車のドライバーからは見えない事もある。
車がどうこうじゃなく
自分の身は自分で守りなさい。
横断歩道でも青になったから
OKでは無く、周りをよく見てから
渡りなさい』と教えてきた

大人でも自転車やバイクで
無謀運転する輩が沢山いる

どちらの過失が大きいかの問題でなく
当たった時の損失は、間違いなく
生身の自転車やバイクの方が大きいのだ

京都は土地柄か
バイク通勤される方が多い

朝の通勤時なんて、どこから
出て来たん?って思うくらい
車の間を縫うように我先に
走っていく。

事故を他人事と思うのではなく
身近な事として捉えて欲しいと思う
三体牛鞭
狼一号