おなか!!!蹴るとか!!!!

むしろ狙っておなか蹴られるとか聞いたときは、本当に吐き気して髪の毛逆立つほど嫌悪感噴出しました。

出生率低くなるはずだわ!!子供へっていったら、困るのはその蹴ったやつらもなのにね!!!

まあ、「譲れ!」っていうメッセージも含むんだけど、災害時に優先的に医療措置が必要になる目安としてといえば、妊婦だけじゃなくてほかの傷病を抱えている人もだよね。 血が凝固しなくなる薬飲んでますとか、そういう医療情報が一目でわかるロケットみたいなのをつけるのだっていいと思うのに。お年寄りだって、立っていたい人もいれば、座りたい人もいるでしょう。座ると逆に腰に負担かかるとか、お尻とか会陰部の手術の後はむしろ座れないとか、それなのに電車で通院してるとか、普通にあるものね><

具合悪いなら電車のってくんな!しかも満員電車に!っていうけどね!!大きな病院にかからなくちゃいけなくて、しかも9時だか8時だかが診察券出す時間で、電車じゃないといけない人だっているんだよ!!!!

私、通勤で倒されて足捻挫してギブス生活一か月くらい通勤してたけど、まず譲ってもらえない。舌打ち、ぶつかっておいこしていくなんてざらでした。

妊婦の時に、安定期に入ったから吉祥寺でランチしようって言われて井の頭線に乗ったら、急にハリがきてどうしようかと思ったけど、平日昼前なのに結構混んでいて、そして、だれも譲ってくれなかった。おなかさすりたくなくてもさすってたけど、目そらされただけっていう。

どうなってるんだ。

ブラジルでもイギリスでも、妊婦が電車やバスにのってきたら、みんな競うようにして社交ダンスのしぐさのように妊婦に席ゆずる男性ばかりだったのに。