予定外の出費を乗り切る

私が社会人になりたての頃は、消費者金融に対してあまり良いイメージを持っていませんでした。

その原因となったのは、先輩が借り入れを行い、その返済に本当に困っていた事を間近に見てきたからだと思います。

しかし、よくよく考えれば、後先を考えずに欲望のままに借り入れを行った先輩が悪いのであって、このサービス自体が悪いというものではないのです。

その証拠に、現在5年以上も利用し続けている私は、このサービスの便利さに何度も救われてきました。

もちろん返済で四苦八苦するような事も起こっていません。消費者金融を利用するきっかけとなったのは、給料日前の金欠という誰もが苦しい時期に、予定外の出費が重なった事でした。

それを先延ばしにする事ができないことから、何とかして工面しようと思案した結果の利用だったのです。

借り入れを行うが金額は、あくまでも出費分だけ、給料日を迎えたら即返済すれば何の問題もないと思っていました。

実際、そのとおりの行動した結果、この難題を見事に乗り越える事もできましたし、給料日の当日に速やかに返済して、奇麗な状態にする事ができました。

借りる金額を無理のない範囲で、返済可能と目処が立つ金額の範囲内で借り入れを行ってさえいれば、このサービスのありがたみだけを感じることができるでしょう。

つまり利用する人の意識、それによって価値や評価といったものが大きく変わってくるんじゃないでしょうか。

この点をしっかりと自分の中で理解してさえいれば、上手に活用できると思います。
Comment
name:

comment:

Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
4
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others