マスターベーションではオーガズムを感じてもセックスで感じなければ

女性版EDがある?!FSD(女性性機能障害)とは?
EDというと広く知られていますが、NEW勃動力三體牛鞭実は、女性版EDのような、FSDというものがあるんです。FSDとは「 Female Sexual Dysfunction 」の略。女性性機能障害という意味です。
EDもFSDも性機能障害。男女ともにあてはまる、性的反応の障害です。正常な人は、性欲があり、欲情し、心や体が興奮反応し、三便宝ピークでオーガズムに達しますがこれが上手くいきません。
セックスする気がしない。
する気があっても反応しない。
感じない。
痛い。
などに当てはまる人は、FSD(女性性機能障害)かもしれません。
FSDの種類
FSD(女性性機能障害)は、幾つかに分類されています。
●性嫌悪症
セックスを毛嫌いしている状態ですね。セックスへの罪悪感や恐怖感があります。
●性興奮障セックスをしようとしても、膣が濡れてこない状態。男性が勃起できないような状態ですね。ED勃起障害に対する、膣潤滑不全です。
●オーガズム障害
セックスをしても、シアリスオーガズムを感じたことがない状態です。マスターベーションではオーガズムを感じてもセックスで感じなければ、障害です。
●性的疼痛障害
ペニスを入れようとすると、膣が収縮、ペニスをはじきだし、挿入できない状態の「膣痙」。
痛くてペニスが挿入できない、外陰部に触れると激痛が走る、「性交疼痛症」があります。

初診料も再診料も不要なところもあります。

勃起障害は日常生活に支障があるだろうー! という話ですが、厚生労働省の考えでは、「ED治療薬シアリスはあくまでも生活の質を向上させる『生活改善薬』であり、病気を根本的に治す薬ではない」とのこと。


確かに、病気や怪我などにくらべれば、治療の優先度は低い。なので、生活改善薬ということになりますね。


薬は、仕方ないにしろ、検査代だけでも保険でなんとかならなの?というところですが、現在の日本は、保険診療と自由診療とを一緒に行う混合診療が認められていません。全部自己負担か、三便宝保険診療かの二択しかないんですね。


というわけで、ED(勃起障害)治療は、健康保険適用外の自由診療になります。これが、どういうことかというと、病院ごとに自由に薬の値段を決めることができるということです。


同じ薬でも、病院、医療機関によって価格の差が出てきます。ED治療薬は、1錠あたり1500円から2000円と高い薬。用量によって数百円の開きがあったりします。


できるだけ安く治療費を抑えたい人は、NEW勃動力三體牛鞭あらかじめ病院に、初診料や検査費用、処方料などを問い合わせおいた方がいいでしょう。クリニックの中には、初診料も再診料も不要なところもあります。
Calendar
«  December 2019  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others