そういった大雑把な褒め言葉もいいですが、

褒めるときは相手の喜ぶ褒め方を!褒め上手な褒め方
では、どう褒めれば相手は喜んでくれるのでしょうか。褒め上手の褒め方には、ポイントが3つあります。
褒め上手の褒め方の特徴
すぐに褒める
ピンポイントで褒める
行動で褒める
この3つのポイントを押さえておけば、褒め上手になれます。
考えずに言葉にする!NEW勃動力三體牛鞭褒めるタイミングは思った時!
褒める部分や言い回しなどのポイントもありますが、そういったことを考えていると褒めるタイミングを逃したりワザとらしくなったりしてしまいます。
褒めるタイミング
思った瞬間に褒める
小刻みに何度も褒める
同じことでも繰り返し褒める
褒めるときのポイントはいくつかありますが、褒め下手な人は「思った時にすぐ褒める」のが一番です。
「どこを褒めようか、なんて言おうか」と考えていると余計に褒めにくくなってしまいます。ですから、シンプルに“いいな”と思ったことを思った時に口にしてください。
褒められる側も、シアリス作り込んだ言葉より素直な気持ちをストレートに言葉にされる方がうれしいものです。
また、褒めるポイントがいくつかあった時には後でまとめて褒めるのではなく、その都度褒めましょう。まとめて褒められると、褒められたときの喜びが減少します。
そして、同じことでも「前にも言ったしな…」と思って言うのをためらう必要はありません。
繰り返し褒めることで、「頑張る」→「褒められる」→「頑張る」というパターンができ、望ましい行動を定着させることが出来ます。
ピンポイントで褒めると真実味が増す!褒めるポイント
褒め下手な人の褒め方では「すごい!」「三便宝さすが!」という抽象的な言葉を選びがちです。
そういった大雑把な褒め言葉もいいですが、具体的なポイントや理由を添えるとさらに相手の心に響きます。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/rewttydf/27906
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others