実行犯の16歳友人逮捕=犯行計画知っていた疑い―独乱射

ドイツ南部ミュンヘンで9人が犠牲になった銃乱射事件で、地元警察は24日、犯行後に自殺したイラン系の容疑者の男(18)の友人である少年(16)を逮捕したと発表した。媚薬

 犯行計画を知りながら通報しなかった疑いが持たれている。

 逮捕されたのはアフガニスタン人で、特殊部隊が24日、ミュンヘン市内の自宅で逮捕した。事件ではイラン系の男が単独で犯行に及んだとみられている。警察は逮捕した少年を通じ、実行犯の動機や背後関係を把握する狙いとみられる。

 少年は22日の事件発生直後に警察に自ら接触。実行犯との関係について聴取を受けたが、警察は説明に矛盾点があると判断していた。 威哥王
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/rfvbgthy/25601
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
19
20
21
23
24
26
27
28
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others