暴風、高波、大雨、高潮に厳重警戒

非常に強い台風16号は、まもなく鹿児島県の大隅半島に最も接近し、上陸するおそれもある。20日にかけて、西日本では暴風、高波、大雨、高潮に厳重に警戒するとともに、東日本では大雨と高波に警戒が必要だ。
中国精力剤
 台風16号は、19日午後10時には鹿児島県枕崎市の南南西約60キロにあって、1時間に約30キロの速さで東北東へ進んでいる。台風はまもなく大隅半島に最も接近し、上陸するおそれもある。20日は西日本や東日本の太平洋側を進み、21日には日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。
 前線の停滞する西日本や東日本では非常に激しい雨が降っており、宮崎県の日向市、都農町では、数十年に一度の大雨になっているなど、局地的には猛烈な雨の降っている所がある。
台風16号 鹿児島県に最接近・上陸のおそれも 暴風、高波、大雨、高潮に厳重警戒

<暴風・高波>

 台風の接近に伴い、九州南部・奄美地方では海上を中心に猛烈な風が吹き、九州南部ではうねりを伴って猛烈なしけとなっている。西日本を中心とした太平洋側では、20日午前中にかけて、猛烈な風が吹き、海はうねりを伴って大しけとなり、九州南部では猛烈なしけとなる見込み。暴風やうねりを伴った高波に厳重な警戒が必要だ。

 20日に予想される最大瞬間風速
  九州南部       60メートル
  四国         45メートル
  九州北部、近畿、奄美 35メートル
  東海         30メートル

巨根カプセル
 20日に予想される波の高さ
  九州南部       9メートル
  四国、近畿      7メートル
  奄美、九州北部、東海 6メートル
<大雨>

 前線の停滞する西日本や東日本では非常に激しい雨が降っており、局地的には猛烈な雨の降っている所がある。台風の接近に伴って前線の活動が活発となり、20日にかけて、西日本や東日本の広い範囲で雷を伴った非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨となって、大雨となるおそれがある。21日も引き続き東日本を中心に大雨のおそれがあり、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

 20日に予想される24時間雨量(多い所)
  四国、近畿  300ミリ
  九州南部、九州北部、東海 250ミリ
  伊豆諸島   200ミリ
  北陸     180ミリ
  中国     150ミリ
  関東甲信   120ミリ
超級猛男
 21日に予想される24時間雨量(多い所)
  東海      100~200ミリ
  北陸、伊豆諸島 100~150ミリ
  関東甲信、東北 50~100ミリ
<高潮>

 台風の接近に伴い、20日にかけて西日本を中心に潮位の高くなるところがある。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒が必要だ。
魔鬼天使

川内原発の即時停止応じず 九電、鹿児島知事の要請拒否

鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事から川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)の即時一時停止を要請されていた九州電力の瓜生道明社長は五日、県庁で三反園知事と面会し、即時一時停止には応じない意向を回答した。法定の定期検査の中で、三反園知事が求める設備点検などを実施する方針を伝えた。狼一号

 回答書を受け取った三反園知事は「(即時停止要請に応じてもらえず)極めて遺憾だ。必要なら安心・安全対策をあらためて要請する」と強い口調で述べた。知事に原発を停止する法的権限はないが、三反園氏が再度停止を要請するかどうかが注目される。

 回答書で九電は、熊本地震の川内原発への影響について「熊本地震直後に、速やかに設備の一斉点検を実施し、損傷・漏洩(ろうえい)等の異常がないことを確認」していると表明。三反園知事の要請を踏まえて、定期検査に合わせて「特別点検」を行うと表明した。

 九電は特別点検に向け、約四十人でつくる「総点検チーム」を設置。定期検査項目に加え水中カメラによる原子炉圧力容器内の点検、使用済み核燃料保管場所の機器に問題がないかの確認などを行うとしている。

 三反園知事が求める活断層調査については、九電は「国の審査で『妥当』との判断を受けている」とした上で、川内原発周辺の地震観測点を十九カ所から三十カ所程度に増設し、詳細な調査・分析を行うと回答した。
韓国痩身一号
 避難支援では、原発から五キロ圏内の山間部に住む高齢者の避難支援を行うほか、原発三十キロ圏内では新たに避難用福祉車両十数台を追加配備するとした。また、迅速で丁寧な情報発信も行い、県民の不安解消につなげたい考えを示した。

 回答書を手渡した瓜生社長は「原発の安全性を持続的・継続的に高めていくことが大事だ」と述べ、回答内容への理解を求めた。

◆検査、停止後の対応焦点

 <解説> 九州電力が五日、鹿児島県の三反園訓知事が求めた川内原発1、2号機の一時停止要請に応じないと回答した。予想通りの結果だが、1号機が十月、2号機が十二月に定期検査で停止してから二、三カ月後には検査を終え、再稼働の是非が問われる。それまでに、知事がどう対応するかが焦点となる。

 知事に期待されるのは主に三点。まず県が、九電の言いなりでない形で、どう原発の安全性を判断するのか。停止を命じる権限はなくとも、安全協定に基づく立ち入り調査は可能だ。その結果を基に改善を求めることができ、九電には「誠意をもって措置」(安全協定)する責務がある。

 二点目は、避難計画の見直し。前知事は重大事故は起きないことを大前提に「避難計画を実行することはないだろう」と楽観的だった。三反園氏は既に地元を視察し計画見直しの必要性を明言している。三十キロ圏の人口は二十万人を超え、熊本県に避難予定の人もいる。地震でともに被災した場合のことも検討する必要がある。

 三点目は再稼働への地元同意が、県と薩摩川内市だけでいいのか再検討することだ。原発三十キロ圏の九市町のうち、薩摩川内市以外は地元同意の枠組みから外されている。
威哥王
 福島の原発事故で放射能汚染は広域と判明し、三十キロ圏の自治体に避難計画の策定が義務づけられた。「被害地元」という当事者なのに、再稼働の協議に加われない重大な矛盾が残っている。
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others