性行為教える「通過儀礼」、少女が実態語る マラウイ

マラウイ・チラズル(CNN) アフリカ南東部のマラウイで、子どもたちに性行為を教える通過儀礼の慣習をやめさせようと、人権団体などが啓発活動を展開している。
媚薬販売
同国南部のチラズルに住むグレースさんは10歳だった当時、「イニシエーションキャンプ」と呼ばれる通過儀礼キャンプに参加した。同地域ではこの年頃になったすべての少女がキャンプに参加することになっていて、「私たちは喜んで参加した。そこで何があるのか知らなかったから」とグレースさんは振り返る。

しかし到着してから聞かされた言葉に愕然とした。「男性と寝て、子どもの『あか』をはらい落とさなければならない。そうしなければ病気になる」

お手本として、1人の少女が横になり、年上の女性がその上に乗る様子も見せられた。「ダンスを踊って自分の上の男性を喜ばせなければならない」と言われ、性行為のやり方を教えられたという。
催淫
グレースさんの参加は家族も承諾しており、少女たちが人身売買されるわけでも、風俗産業で働くことを強要されるわけでもない。ただ同地で何世代にもわたって受け継がれてきた通過儀礼だった。
少年と少女は別々のキャンプに参加し、地域社会に伝わる風習や、大人になることと性の問題について説明を受ける。

マラウイには多様な言語を話すさまざまな民族が住み、文化や制度は地域によって異なる。しかし、人権違反調査を担うマラウイ人権委員会によると、特に南部の一部の民族は、通過儀礼として結婚前の性行為を奨励しているという。

同委員会は、6歳の少女がキャンプに参加させられ、性行為の仕方を教えられているケースもあると報告。「幼い子どもたちの教育権、健康権、個人の自由と尊厳の権利など、多数の権利が侵害されている」と訴える。

米ジョンズホプキンス大学の調査団がまとめた2012年の報告書によれば、通過儀礼の一環として男性と性行為をさせられたと訴える少女もいたという。「この男性のせいでエイズウイルス(HIV)に感染したという少女もいる」「この性教育には何のメリットもない。少女たちを傷つけ、未成年の結婚をあおる一因になっている」と女性人権団体の担当者は憤る。
国の統計によると、15~49歳のHIV感染者及びエイズ患者は同国の人口の10%超を占める。WHOなどの統計によれば、18歳までに結婚する子どもは半数を占め、産婦の死亡率も高い。妊婦の35%は10代だという。

多くの少女がキャンプでの経験について沈黙する中で、今は15歳になったグレースさんは、国連財団の同行記者団に自身の体験を語った。
中絶薬
女性の権利団体などは各地域や民族の指導者に働きかけて、キャンプの内容を変えるよう説得する活動を続けている。グレースさんが住むチラズルでは、キャンプで性行為を教える課程が中止された。グレースさんは今、キャンプに参加した少女たちに、幼少時の性行為の危険性について語っている。

男性が「彼女としてはアリだけど、結婚はナシ」と感じる女性の特徴

恋愛対象と結婚対象は違う。そんな女性は多いでしょう。
結婚はふたりの生活、将来に関わって来る問題だけに、恋愛のように付き合っていて楽しい相手ならそれでOK、というわけにはいきませんよね。経済的な問題を始め、お互いの家族のことなど、現実的に話を進めなければいけないからです。
では、一方の男性の場合はどうでしょうか? 結婚を考えているなら恋愛ウケする女性よりも、結婚ウケする女性になりたいもの。
今回は男性が「彼女としてはアリだけど、結婚はナシ」と感じる女性の特徴をご紹介します。

媚薬販売

自立心が低い
年齢を重ねていながら自立心が低いままだと、男性側の負担が大きくなってしまいがち。それこそ「本当に●●と結婚して、上手くやっていけるかな……?」と、彼はあなたとの結婚に躊躇してしまうかもしれません。
あなたもいつまでも親離れができず、些細な困ったレベルが起きるたびに、つい親、彼に甘えてしまってはいませんか?
人を頼りにすることは悪いことではありませんが、自分の頭で考えて、その判断に責任を持つことで人は大人として成長していきます。
元々結婚は、大体同じレベルの人が一緒になることが多いもの。しっかりした人にはそれだけの魅力に合った人と一緒になるのです。年齢に似合った女性になるためにも、仕事、プライベート等を通じて、しっかりと自立心を高めておきましょう。

催淫

配慮に欠ける
恋愛対象と結婚対象を考えた時、よく「恋愛はルックス重視」「結婚は内面重視」なんて言い方がされます。実際、男性の場合、付き合う相手は多少ワガママでもキレイで、スタイルが良い子を希望する人が少なくないもの。
でも、思ったことをそのまま口走り、感情を露わにしてしまう女性では、いくら美人とはいえ、恋人としてアリでも結婚相手としては考えづらそうです。
それよりも相手の考えていることを察してフォローし、相手を励ましてあげられる気遣い上手な女性の方が、男性は結婚を前向きに考えられるでしょう。
自己中心的に彼と付き合うのではなく、彼がどうしたら幸せになれるのか。もう一歩大人な考えで付き合えるといいですよね。


一緒にいて楽
相手との結婚を考える際、男性は「一緒にいて楽な女性」というポイントが、重要なウェイトを占めるようです。結婚相手は生涯にわたって暮らすということもあり、これは女性にとっても気になるポイントですよね。
特に男性の場合は、家族の大黒橋になる立場ということもあり、仕事から帰って来て自分のことを癒してくれる相手。もっといえば元気をもらえて、明るい気持ちになれる相手なら、結婚後のイメージが膨らみやすいのでしょう。
結婚後、幸せな家庭を築きたいのは男性も同じです。ぜひ日頃から前向きな気持ちを大事にして、彼を支えられる力強い女性を目指したいですね。


おわりに
いかがでしたか。結婚を考える際、こうしたポイントがクリアできるかどうかは、絶対に外せない男性が多いはず。ぜひ日頃から意識して、少しでも結婚対象として考えられる女性になりたいですね。

大型補正予算と増税延期発表なら日本経済に回復期待

2月から日本銀行が導入したマイナス金利は銀行の収益を圧迫するだけで効果がないといった批判が強まっているが、平野憲一氏(ケイ・アセット代表)はこう分析している。
アフリカ超人
「日銀が物価上昇達成時期を延期したことから年内にその成果が出てくるのは難しい。だからといって政府・日銀にギブアップはない。カネ余り現象がより顕著となり、株式や不動産に流入するのは必至」

 日銀頼みでは限界もあるため、7月の参院選を前に大型補正予算と消費増税延期という政府の「景気刺激セット」を予測する声も多い。

「5月下旬の伊勢志摩サミット前後で大規模な補正予算と消費増税延期が発表されれば、日本経済の回復期待が高まる。また米利上げも年内に最低1回は予想されるため、ドル高円安も追い風となる」(第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏)
D10催情剤
「そこに日銀の追加緩和が加わり3点セットになれば、110円台への円安に戻ることは十分考えられ、日経平均にはプラスに働く」(みんかぶマガジン社・日本株情報配信部・編集長の冨田康夫氏)

 さらに、株式評論家の植木靖男氏は「自社株買い」の増加もプラス材料と見る。企業が自社株買いをすると、市場に流通する株数が減り、1株当たり利益も増えて株の魅力が増すことで株価の上昇につながるからだ。

「上場企業が貯め込んでいる200兆円規模の余剰資金がなかなか設備投資に向かわない現状では、米国と同様に自社株買いに行かざるを得ない。これが株価を押し上げる大きな要因となります」
Calendar
«  May 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others