きっかけは、勘違いのキス!?

「元カレが忘れられないと言ってたので、その相談というか思い出話をよく聞いてあげていました。そんなある日、彼女が悲しそうな顔をして車のシートを倒して目を閉じたので、キスしてほしいのかな?と思って軽くキスしたんです。そしたら、『何するの!』とキレられて…。でも、その後も何となく会って一緒にご飯を食べたりする関係が続き、ごく自然に付き合うようになった。ある時ふと『元カレのことはいいの?』と聞いたら『忘れた』って。思うに、時間が解決するんじゃないですかね?」(30代・男性)

女性用媚薬

失恋の痛手を癒すのは、時間薬と恋薬、とは良く言ったもので。

その王道パターン的なエピソードではありますが、なんだかほっこりしちゃいます。この男性が、根気よくそばにいてくれたからこそ、彼女も心を開くことができたのかもしれません。

元のパートナーとの思い出は確かに大切ではありますが、次の恋に夢中になれば、自然と色あせていくもの。

それを無理にどうこうしようとしないで、そっとそばに寄り添うことが、相手を振り向かせる一番の薬なのかもしれませんね。

紅蜘蛛(液体)+壮陽丹
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
category
archives
links
others