主命で下される任務の中には,そうした敵拠点の襲撃や国人衆の懐柔など,城攻めに必要な工作を任されるもの

昌幸が示した主命は,北条家が擁する箕輪城の攻略。そのために必要となる物資を上納したり,敵を襲撃したりといった一通りの任務が下された。
 実はこの主命,チュートリアルとしてうまくできている。本作の城攻めにはさまざまな下準備が必要だが,その過程をきちんと学べるようになっているのだ。単に兵の数を増やして闇雲に敵の城を攻めるのもいいが,それでは被害が大きくなるばかり。敵勢力も自分と同様に内政を行っているため,下手をすると無益な出兵を繰り返して損耗だけが大きくなるという,三国志における末期の蜀のようなことにもなりかねない。そうならないためには,あらかじめ敵の城の周囲にある拠点を叩いて援軍を出せなくしたり,戦で第三勢力となる国人衆に働きかけて味方につけたり……といった搦め手も重要になってくるわけだ。
ハンターヒーロー RMT

4Gamerの比較用リファレンスマウス「Gaming Mouse G500」と並べたところ。。サイズ

G900は,左右対称形状を採用し,右利きと左利きの両方に対応するマウスだ。本体サイズは67(W)×130(D)×40(H)mmで,スカートの形状などを無視すれば,「G502 Proteus Core Tunable Gaming Mouse」(国内製品名:G502 チューナブルゲーミングマウス,以下 G502)とほぼ同じ。「Logitech G/Logicool Gのマウスとしては標準的な大きさ」と評していいように思う。

アルミラ装備が最も強く、その次がヴァルカラン装備になります。夏頃までは、アルミラ以上の性能の装備は登

「フェロー実験室」は一人用のダンジョンで、中にフェローが居て捕まえることができます。フィールドではなかなか捕まえることのできない人気のフェローを入手しやすくするコンテンツになっているんです。ただ、このような仕様は日本の運営チームとしては、あまり好ましくないと考えています。

フィールドのモンスターに関してはリポップ時間などで対応すべきで、「フェロー実験室」のようなダンジョン内で完結させてしまうとMMORPGとは呼べないのではないかと思います。このような理由で、もう少し異なる仕様で実装したいです。当初の予定では、夏頃に実装予定だったのですが、現在調整中です。
PSO2