褒めた人も幸せな気持ちになりますし

まずは褒められたら「ありがとう」「嬉しい」と言って喜びましょう。

「お世辞はいいから、いやいやウソでしょ」などと捻くれた反応や謙遜は、褒めてくれた人の気持ちを否定してしまいます。
謙虚さは日本人の美徳の一つとされていますが、褒められ上手は謙虚になりながらも喜びをきちんと言葉にします。
例えば…
「そんなことないですよ、でも嬉しいです。ありがとうございます!」
というように、調子に乗った印象を与えずに喜ぶことも出来ます。更に上級者は、褒められると相手を褒めかえします。
例えば…
「ありがとうございます!これも〇〇さんが相談にのってくれたおかげです!」
「嬉しいな、そんなことを言ってくれるのはあなただけだよ」
「あなたのおかげ」というように、褒められるときも相手を褒めるタイミングになります。
褒めた相手の反応がいいと、シアリス褒めた人も幸せな気持ちになりますし、反応のいい人は褒められやすくもなります。
褒められ慣れていない人は、人を褒めるのも苦手なことが多いです。褒められ上手になって、人から言われて嬉しかったことは、自分が褒めるとき使えるように心にとめておきましょう。
いくつになっても褒められたい!三便宝難しく考えずに素直な気持ちで

私自身、先輩を後輩が褒めるのは失礼だと思っていたので、「すごいな」と思うことがあってもあまり口にはしませんでした。
しかし、先輩が仕事で忙しくて大変だったときに「俺頑張ったやろ」と聞かれたので、恐縮ながら「大変でしたね、頑張りましたね」と言ったら「褒められた~嬉しい」と喜ばれてびっくりしました。
「後輩の私が褒めるのは失礼じゃないですか」と聞いたところ、「いくつになってもほめられたいし、NEW勃動力三體牛鞭誰に褒められても嬉しいよ」と言われました。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/rtytyiior/27909
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others