忘れなくてもいい

私は,忘れません。記憶を消去することは出来ない。積み重なって過去になるだけ。

ただ,新しい恋人と過去の恋人を比較しないことです。
それだけは,厳重に慎むべきです。
たとえ,何かの拍子に過去を思い出したとしても。
それぞれ,別の人格を持った,一人の異性として,尊重するほうがいい。
それから,むやみな自分への投資や努力は,逆効果になったり,かえって空しくなったりする可能性があるので,要注意。

自己完結的になって,妙な結論を導き出すのも,ちょっと危ない。
「心の整理をつける」と言う人にありがちなことですが,あらぬ方向への思考の暴走を招きかねない。
少し落ち着いて,状況を客観的に眺めることが出来るようになるまで,時間が掛かる場合もあるかも知れないけど,無理せず,時間に解決してもらうのが,いちばん波風を立てない展開。

それから,混乱に乗じて,どさくさでアプローチしてくる異性が居たり,
冷静に考えれば,絶対にアプローチなんかしないだろうと思うような人に,なぜか惹かれたり,
そういったドタバタもあり得ます。
どうしても不安定な気分に耐えられないのなら,いっそ,自分のことを大切にしてくれる人に甘えてしまったら?友達でも家族でもいいから。場合によっては恋人持ちや,既婚の人でも。
そういう人のほうが理解力も経験量もあるから,「人を大切にすること」を知っている場合が多い。

自分がどんな人を必要としているのか,分かってくれば,次の恋人選びにも役立ちそうです。
……私は,自分がどんな人に必要とされているのか,考えていました。それも一つの手だと思っています。
嫌でも誰かと関わらなければ,答えは出てこないし,自分を変えようとか,自分は変わらなきゃ,と思っているうちに,妙に変な方向に思い詰めてしまったりするのです。自分を責めても結論が出なくなっちゃうんですよね。

そんなわけで,過去の恋人については,無理に記憶を消さないで,自分の「経験値」として活かす方向で考えたら,どうでしょうか?
紅蜘蛛
催情剤
三體牛鞭