こちらも洗浄して使用することで50回程使用が可能。

TENGAの数種類のすべての構造が異なるのだが、TENGAの中でも最もスタンダードなオナカップの「DEEP THROAT」(上図の上段左から2番目)構造を見てみよう。
このような実に複雑な構造になっている。シアリスTENGAはそれぞれにポイントがあるのだが、このDEEP THROATは滑らかな挿入感と吸い込まれているような感覚、しめつけ感が特徴。
使用時のジュボジュボ音と振動もあいまって、リアルなディープスロート状態へと導く。その他、ローション漏れ防止やバキューム感の調節など様々な工夫がされている。
TENGAを目にした時、三便宝なぜあんなに種類があるんだろうと思った人も多いはずだ。最上図の上段はスタンダード(レッドTENGA)→初心者向け、下段はソフト(ホワイトTENGA)→スタンダードより柔らかめで、優しく包み込まれるような快感、となっている。実はスタンダード・ソフトTENGAには右図のような、それぞれにちゃんとした目的、使用感があったのだ。
左から「ディープスロート→そのまま」、「ソフトチューブ→座位」、「ローリングヘッドカップ→騎上位」、「ダブルホールカップ→バック+エキベン」、「エアクッションカップ→正常位」。

またハード(ブラックTENGA)→こだわりのある上級者向け、U.S. TENGA(最上図の一番左)→吸引力が大幅に向上した巨根用のシリーズも存在する。
これだけ種類が豊富だと、ユーザーを飽きさせず、お気に入りを探していく楽しみもある。
なおスタンダードTENGAは750円、ソフトTENGA、ハードTENGAは950円、US TENGAは1050円となっている。
2008年3月に発売された「NEW勃動力三體牛鞭フィリップホール」はTENGA初のオナホール。洗浄して50回繰り返し使用できる。締めつけやバキュームを自由自在にコントロールできるのが特徴。
種類は優しく包み込むような快感のホワイト、立体的ダブルの快感のブラック、四方からゲルが滑らかに絡みつくレッド、高密着感のシルバーの4種類がある。

そして2010年4月には「フィリップライトver2」として、軽量化され「超密着」、刺激アップ、スムーズな挿入感などパワーアップしたバージョンが発売された。
こちらも洗浄して使用することで50回程使用が可能。
なおフィリップホールは6800円、フィリップホールライトは4700円となっている。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/ryrtugfh/27843
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others