ひえる。ぴえる

さんむい。

外の風の音が淫インモラル
さらに寒さをアップさせているね。

うちは

隙間風だらけなのか。
とてもさむい。
ひえます。

掃除洗濯お風呂
全部終わって
なんだか疲れて
布団に入ったよ。

きのうおととい
活動的だったから紅蜘蛛
今日はだらけよう。

だらーん。

さむいから
セックスしたい。

今朝
ホテルに行きたいって言ったら
驚かれた。

あんまり
女の人が
ホテル行きたいとか言うもんでないのかい。
ごめんね。笑

おうちだと
集中できなくて
(声がでかいから聞こえるとか
二階だからガタガタするかなとか
近所の子供の泣き声とか)

どろどろに威哥王
セックスがしたいだけなのよ。

あつくても
さむくても
セックスしたくなるのね。

わがままな生き物。

ガイドラインの作成などを要求

光コラボとは、NTT東西が光回線サービス「フレッツ光」をパートナーに卸売りし、パートナーが自社のサービスとして活用するもの。NTTドコモもこれを利用し、携帯と光回線のセット割引「ドコモ光」を2月に開始する予定だ。ただ、NTT東西は光回線、ドコモは携帯電話市場におけるシェアが高いため、電気通信事業法上、両社が一体となった営業活動は禁止されている。そこで、総務省・情報通信審議会の特別部会において、光コラボのサービスの是非が議論されてきた。即効性精力剤

 光回線を持つKDDIなど光回線業者は、セット販売は競争環境を阻害する可能性などがあるとして十分な検討を求めてきたが、今回、情報通信審議会で光コラボサービスが承認されたことを受けて、「このままドコモ光が開始されれば競争環境は後退し、利用者の利益を損なう」として、意見申出書を提出した格好だ。

 意見申出書では「光コラボ」を行ううえでの約款の作成、公表義務を課すことや、NTT東西がドコモを優遇し、販促費を増額するといった行為を監視する仕組みを構築することを求めた。また、ドコモ光のユーザーが他社回線に乗り換える際に、電話番号を使い続けられるようにするためのルール作りなどを要求している。実際にガイドラインなどを作成し、それに対するパブリックコメントを実施することも主張している。

 意見の申出は電気通信事業法172条に規定があり、第2項で「総務大臣は、前項の申出があったときは、これを誠実に処理し、処理の結果を申出者に通知しなければならない」としている。KDDIは総務省に対して、ドコモの営業活動が始まる前の回答を求めた。

 KDDIは自社の光回線やケーブルテレビ各社と連携し、固定回線と携帯電話のセット割引を武器に顧客獲得を進めている。光コラボについては「NTTによる独占回帰、健全な設備競争が失われる」(田中孝司社長)と猛反発。NTTは回線の卸価格を公表しない姿勢を貫いていることから、ドコモだけを優遇して取引するのではないかといった懸念もつねづね主張してきた。淫インモラル

また、その味が美味しいの♪

今日は、いろんな事情により、朝は職場まで息子の運転で送ってもらい、帰りは歩きでした(^^)

一日事務所にいた日で運動不足だし、気候はいいし、帰りは上機嫌で歩きました(^^)紅蜘蛛

たいした道じゃないので、綺麗な花も何もないのですが、田んぼの畦道にツクシ群生(^^)
春の象徴ですよね(^^)

2年前までは、義母が毎年この季節になると、ツクシの卵とじをタッパーに、目一杯詰めて届けてくれました(^^)
また、その味が美味しいの♪

「消化に悪いから食べ過ぎはダメ」っていうのに、子供は食べ過ぎて、おなかゆるくするし(*_*)

そういう私も食べ過ぎては、トイレにはまっていたのは、内緒の話です(^^;)そのくらい美味しかった(^^)

たまには、私も…って、真似て作った…
「わ~い、ツクシだぁ♪」って一瞬は喜ぶ子供…

食べると…
「これ…おばあちゃんの味付けとちゃう」 (^^;)
ばれてるしι(`ロ´)ノ

そんな義母も昨年から寝たきりに…

義母が作る、ツクシの卵とじ…淫インモラル
永遠の憧れの味♪

ホンダ第三期F1参戦

来年はマクラーレンと組んで、パワーユニット・サプライヤーとして第四期F1参戦を予定しているホンダ…今から楽しみです。
ファンの方には申し訳ありませんが、環境技術でホンダがメルセデスごときに負けるとは思いません!(スミマセン!暴言が過ぎました!)

ここで敢えて、ホンダ第三期F1参戦を私なりに評価してみたいと思います。
大成功とは言えませんが、十分に成功したと、私は思っています。媚薬ランキング
理由はブラウンGP(今のメルセデスGPですね。)の大成功です。
初参戦でドライバーズ&コンストラクターズのダブルタイトル獲得…ドライバーズに至ってはワンツー独占です。
エンジンこそメルセデスですが、シャシーは前年にホンダが開発したもの!
翌年撤退するのに翌年のシャシーを開発する…これぞホンダDNAですね!
第二期はエンジン・サプライヤーとして大成功を収めたホンダ…第三期はシャシー開発に挑戦したい!と始まりました。
…でも、シャシーを作ること=チームを運営することが当時のF1のルール…自前のレーシングチーム運営会社を持たないホンダにはハードルが高過ぎたようです。
勿論、第三期ホンダF1参戦のリーダーになる筈だったハーベイ・ポスルズウエイト博士の突然の死去が多大な影響を与えたことを忘れてはいけません。
当初はBARのエンジン・サプライヤーとシャシーの共同開発として始まった第三期…共同開発は連携がうまくいかず頓挫します。
ようやくオールホンダ体制になっても第二期の大成功には遠く及びませんでした。
それでも優勝はしているし、もう五年活動していれば、チャンピオンシップ争いには十分加われたと思います。
でも、撤退を発表…ホンダはホンダと名乗れないシャシーを開発しました。
…そして、ブラウンGPの大成功!

どっかの、来年参戦すると正式に契約したのに、リーマン・ショックで一週間後に撤退表明する馬鹿な会社に見習って欲しいです!
自前のレーシングチーム運営会社も持ってるのに…。ダイエット茶
…もったいないよなぁ~富士スピードウェイ…もう一度350km/hバトルが観たいなぁ~。

昼キャバ嬢 真弓

真弓は結婚3年生目の人妻。
たまたま入った昼キャバ出俺の席ついたのが真弓だった。
不思議と話しも合い、二人で盛り上がった。
俺はダメもとで「これからデートしない?」と誘った。
真弓は返事に迷っていたが、こくりっと頷いてくれた。
真弓が店を終わるのを見計らって店の前で待ち合わせた。
二人は恋人同士のように腕を組んでホテルに向かった。

途中で真弓は結婚生活の不満を漏らした。

部屋に入るなり、真弓は俺に抱きついて胸を押し当てディープキスをして来た。

ブラと服越しにも乳首が勃起しているのがわかった。
張りのあるオッパイの感触を楽しみながら、スカートを捲りクンニ攻撃を開始。

密生した陰毛を掻き分け愛液で潤んだビラビラを口に含み、包茎からクリ芽が覗かせていた。

クリ芽を舌先で転がし指を膣に入れてこね回す。

真弓はたまらず、だめ~そこ弱いの・・・
だめ~許して・・・と悶えた。

私にもしゃぶらせてと、俺の棹をくわえ裏筋に舌先をあわない唇を滑らせた。
唇の加減が絶妙だった。
俺の股間は唾液でビチョビチョなり、
潤んだ膣穴にチンポを捻り込んだ。真弓は股をせり出しチンポを向かい入れながら色っぽい声を漏らした。

チンポは奥へ奥へと飲み込んいく。
真弓は前後左右に股を打ち振る。
俺がイグまで真弓は何度も身を震わしてイキ続けた。

性器増大
早漏防止