交際相手の女性殺害、元警官が起訴事実認める

今年中絶薬RU4861月、大阪府警の現職警察官が交際相手の女性を殺害したとされる事件で、殺人罪に問われた府警阿倍野署の元巡査長・水内貴士被告(27)(懲戒免職)の裁判員裁判の初公判が29日、大阪地裁であった。

 水内被告は罪状認否で「間違いありません」と起訴事実を認めた。

 起訴状によると、水内被告は結婚したことを隠して社会福祉士・白田光さん(23)と交際。府警や妻に発覚することを恐れ、1月24日、大阪市東住吉区の白田さん宅で、白田さんの首を革ベルトで絞めて窒息死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、水内被告は2013年3月、現在の妻と結婚を前提に付き合い始めたが、同年5月には、東日本大震災の復興支援で宮城県警に出向中に知り合った白田さんと交際を始めたと説明。14年8月の結婚後も白田さんや別の女性らと交際を続け、「白田さんとは自分の都合のいい時しか会わなかった」と述べた。三体牛鞭

黄金の棚田、収穫の秋 高島

「日本の催情剤棚田百選」に選ばれている高島市畑の棚田で二十日、棚田オーナーによる稲刈りがあった。

 この日は京阪神を中心とした四十四組百五十六人が参加。太陽に照らされ黄金色に輝くコシヒカリを鎌を使ってサクッサクッと刈っていった。地元農家によると、今年はもみが膨らんでいるものが多く色づきもいいため、良い味わいの米が期待できるという。

 はだしで収穫作業に取り組んでいた守山市の会社員坂口唯尊(ただたか)さん(36)は「土の感触が軟らかくて気持ちいい。収穫した米をリゾットにしてみんなで食べたい」と話していた。

 畑地区では後継者不足や交流事業と韓国痩身一号して二〇〇〇年から田んぼの貸し出しをしている。

首相、支持なくとも安保法案採決 「成立後に国民は理解」

安全保障関連法案に関する参院特別委員会は十四日、安倍晋三首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。三体牛鞭首相は、法案に国民の支持が広がっていないと認めた上で「熟議の後に決めるべき時には決めなくてはならない。それが民主主義のルールだ」と参院に早期の採決を促した。法案が成立した後に国民の理解が広がるとの見方も示した。 

 首相は各種の世論調査で法案への反対が多数を占めることについて「残念ながら、まだ支持が広がっていないのは事実だ」と述べた。同時に「国民の命、平和な暮らしを守るために必要不可欠な法案だ。一日も早く成立させたい」と強調した。

 安倍政権は七月十五、十六日、法案に国民の理解は得られていないと首相が明言しているのに、衆院で採決に踏み切った。首相は参院審議に向け「理解が進むよう粉劑媚薬努力を重ねていきたい」と述べたが、二カ月、約九十二時間の参院審議を経ても、法案への反対は根強い。首相は十四日の特別委では「法案が成立し、時が経ていく中で間違いなく理解は広がっていく」と述べた。

 十四日の参院特別委後、自民党は役員会で、特別委が十六日に開く地方公聴会の後に委員会採決し、十八日までに参院本会議で成立させる方針を確認した。衆院の三分の二以上の賛成で法案を再可決できる憲法の「六十日ルール」が十四日から適用可能になったことを踏まえ、参院の採決がずれ込んだ場合には、再可決のための衆院本会議を開く態勢も整える構えだ。

 自民党の吉田博美参院国対委員長は十四日、民主党の榛葉賀津也(しんばかづや)参院国対委員長と国会内で会い「そろそろ採決をお願いしたい」と提案した。榛葉氏は「継続審議にすればいい」ru486と拒んだ。民主、共産など野党側は、採決阻止に向け安倍内閣不信任案や首相問責決議案を提出する方針だ。

JR東京駅前の高層ビル内に小学校 2021年にも入居

東京都中央区八重洲二のJR東京駅前に建設される高層オフィスビルに、区立城東小(児童数約百人)が入居する。区などによると、高層オフィスビルへの公立小学校の入居は全国で初めて。二〇二一年四月に完成予定で、この計画は三日の東京圏国家戦略特別区域会議で認定された。
アフリカ超人
 ビルは高さ二百四十五メートル。四十五階、地下四階延べ二十八万平方メートル。小学校は低層階に入り、低層部の屋上をグラウンドとして活用する。城東小は高層ビルを含む八重洲二の再開発事業敷地(一万五千平方メートル)にあり、区が地権者として再開発事業に参加する。

 街頭覇王ビルにはほかに事務所や店舗、ホテル、ビジネス交流施設、駅周辺のバス停を集約した地下バスターミナル、非常用発電施設が入る。再開発事業は中小ビルが林立する八重洲地区を、特区プロジェクトとしてバスターミナルやビジネス拠点を備えたビルを建てることで、国際競争力や防災力、交通の利便性を高める狙い。

 八重洲通りを挟んだ北側の敷地でもほぼ同時期に五十四階建て(二百五十メートル)のビルが建設される。
ハーバルビビッド
 城東小の現校舎は、関東大震災後の一九二九年に造られた復興小学校の一つで、歴史的価値から取り壊しに反対する意見がある。「子どもをビル内に閉じ込めていいのか」と、教育環境を懸念する声も上がる。