医師が問う医療ミスの現実

寝たきりの嚥下反射もなくなった認知症末期の高齢者
このレベルの認知症は記憶・スーパーファット人格とも崩壊している
胃管・胃瘻を入れてカロリー補給の延命治療は世界的にも疑問視されて
栄養補給の中止・自然シを推奨されている

リハビリ病院に入院中の経鼻胃管の交換の際に
気管に入ってしまった
良く起こっている医療事故
交通事故と同じく無くならない範疇のトラブル

一般的にこういう医療事故でしゃしゃり出て来て大騒ぎするのは
普段見舞いにあまり来ていない家族・精力剤販売店親戚に多い

病院側は医療事故を認めており賠償の話し合いをしようとしているが
家族(小児科医)はお金ではないと応じない
催情粉: http://xn--o0q550bj3u.com
それならば院内に安全対策委員会で
胃管交換マニュアルを作って定期的に委員会で報告(外部公開)
すればいいのではないだろうか(その家族は行くだろうから)
催情: http://www.xn--o0qt5br30afy6b3ud.com
結局は胃瘻交換は実行した医療人が責任を持って
レントゲンの位置の確認(レントゲン技師・医師の確認サイン)
栄養剤再開注入時の立ち合いと対応などを行う

多くの病院は看護師の仕事だから
責任を負わされるならD10催情剤
今後は看護師は胃管入れ替えをしませんと云う返答が
看護部が主張しそうなのがネックかもしれない

ラマダン&断食

マレーシアに長らく住んでいたのでイスラム教徒の友達も多いのですが、今年は6月28日からラマダンが始まっていて徳国公牛、Facebookでも「Selamat Ramadhan」系のメッセージが飛び交っています。これから7月27日までの約1ヶ月間、イスラム教徒の義務の一つ「断食(サウム)」として、日の出から日没までのあいだ飲食を絶つことが行われます(太陰暦なので、毎年11日ほど早まります)。

断食と聞くと「大変!」とか「出来ない!」って思う人も多いかも知れませんが、暗いうちに朝飯を食べて昼飯を抜いて、夜、日が暮れてから食べる人なら同じ行為なんですよね(日本のサラリーマンが昼飯抜けば出来そう、笑)。まあ、それを1ヶ月間続けるのは大変だと思いますが、年に一度、自分の食生活を見直して節制するのは良い機会かも知れません(笑)。

最近読んだ新聞内の本の広告にも「3日間プチ断食」とか「1日1食ダイエット」とか出ていたので結構気になりました。SPANISCHE FLIEGE D5何しろ、自分が7年前に「1日2食健康法」を実施して7ヶ月で6kg減量でき、その後、ずっと1日2食を続けている結果、比較的暴飲暴食しててもずっと72kg台を維持出来ているのは、やはり1日換算での食べ物の絶対量が減っているからだと思います。

とは言うもののの、ここ最近、お腹の辺りがふっくらしてきているのと、歳と共に何もしていない時のエネルギー消費量は減って来ている筈なので、もうちょっと減らすには「3日間プチ断食」とか「1日1食ダイエット」はGOODなのではと思っています。家内にも「あんた、勤務地代わってから、食費が随分掛かっているよね!」SPANISCHE FLIEGE D5と言われているので、その解消にもなりますしね(笑)。

618

僕はメモをとる。
仕事に際しても、個人的な事についても。
中絶薬: http://xn--ru486-4n1hp83zqzn.com
明日、忘れてしまう様な事なら、それはそういう事だと思うから書かない。
次の日に忘れてしまう音楽は、そういうものだから。
雨の日に、待合室の中で僕は何もしなかった。
受付番号が呼ばれるまでに、200人の人種の川がそこから無くなる必要がある。
音楽を聴こうかとイヤホンを耳元に送る。
本当に聴きたくなった曲の再生をしないのは僕に必要なものをそこに見出したくないからじゃないかと思った。
すみません…と声がした。
分かりやすい様な、そうでもない様な声だ。
「すみません。弁護士の方ですか?」と中東系の女性が僕に訊ねた。
「いえ、違いますよ」と答えると、悲しそうな笑顔の女性はその顔に悲しみだけを添え続けた。紅蜘蛛: http://www.xn--ogry99b0tp15iyia.net
彼女には何か問題があったのかもしれないけれど、僕にはどうすることもできない。
彼女を救う事も出来ないし、200人はまだ180人にもなっていなかった。
人の人生はわからないことが多いけれど、僕のものですらわからない。
ほんの少し計画があっても良いじゃないかと思いながら、下を向くと床に潰れた虫を見つけた。
また1人呼ばれる。
隣の女性はまだ呼ばれない。
彼女の顔は変わらない。
彼女の顔は僕の腕時計の秒針に似ていると思った。
僕にはどうする事もできない。
きっとこれは忘れないと思った。
そういうものだ。レビトラ: http://www.levitramall.com
僕はメモを書いた。

身体論

肉の存在論や感覚器官など「身体」について論じているのはメルロ=ポンティというフランスの哲学者でデカルト以来の哲学を否定した人である。
催情剤
車を運転する場合、「古典的心理学」では、「車幅は何センチ、左の塀と右の電信柱の感覚は何センチ、だからハンドルを5度ほど切ればこすらない」と推理する。感覚器官への刺激が入力としてあって、神経組織に触れ、それが脳に伝わる、と考えるが、
メルロ=ポンティに言わせると違う。そんなこと考えていたらぶつかってしまう。建物と塀の間を入っていけるかどうかは見ただけでわかる。身体が車のボディの端まで伸びている、というのがメルロ=ポンティの考え方である。

古典心理学だと身体を物体みたいに考えるが、我々はそんな風に自分の身体を了解して動いているのと違う、身体は自分だとメルロ=ポンティは言う。
デカルトは人間は精神と物体、心と体で成り立っていると考えたが、それは嘘だ。人間の基礎は精神でも物体でもなく身体であると、デカルト以来の哲学をひっくり返した。

西欧の哲学や考え方は、デカルトのように心と体、あるいは自然と文化を区別して考えるという2元論が基本である。

ところが日本にはもともと自然(しぜん)という意味の言葉はなかった。昔は「じねん」と呼ばれ自然薯などに見られるように「おのずから生じた」という意味の形容動詞であった。現在の自然にあたるものは森羅万象とか山川草木とか呼ばれ、自然と文化は区別さてれていなく、神様も田の神、水神、山神などいろんな姿をとってあらわれてくる。

西欧近代における自然と文化の対立は自然と文化の連続性が失われた結果として生じた思想であった。

今、環境問題などで西欧的思想は限界にきたから日本的な精神を考えるべきだと言う人もいたり、科学の進歩により西欧哲学は無用だ、哲学的問題も科学によって解けると言う人もいて、どうも今哲学も受難のときのようである。
媚薬販売店
催情粉
でも、今人々は個人の利益や変化の享楽を求め、どこにもないセイフティネットを当てにして現状維持を望みながら目立たず、楽に生きようとしている。空気を読むのにだけ長け、イイネばかり欲しがる人ばかり増えると日本の将来も不安である(笑)
やはり哲学的思考は必要か。

肉食・草食・ロールキャベツ

皆さま

こんばんは。German Black Widows興奮剤

この分類をご存知ですか?

異性に対する行動志向のおおまかな分類だとか。

この年齢になるとね……

猛獣の如くガンガン来られると引いちゃいます。

理性も働きますし

古き良き時代のオンナなのです。

かと言って……

野原で葉っぱを食べてる羊みたいな

物静かーな方もちょっと困るかも。

「半年経っても あなたって 手を握らない~♪」

赤いスイートピー的なのも寂しいですね。巨根カプセル

私は……

小さい声で言いますけど

ロールキャベツ ガスキ~♪

外側はキャベツ、中身はミート

つ、ま、り

見た目はさっぱり爽やか

でも二人になると熱く恋を語る~

みたいな(*´-`)

因みに私自身もそんな感じかな(*´∀`)

お手柔らかにお願い致します♪超級猛男健力カプセル販売