自公幹事長、軽減税率で連日協議 合意見えず

自民党の谷垣禎一妖姫、公明党の井上義久両幹事長は8日、東京都内で会談し、消費税増税と同時に導入する軽減税率の財源や対象品目について調整を続けた。合意には至らず、井上氏は会談後、記者団に「引き続き協議する」と述べた。両氏は中国から帰国した翌日の6日以降、連日協議しているが、合意が見えてこない状況だ。

 両党は、10日の取りまとめを目指す与党の2016年度税制改正大綱に制度設計を盛り込みたい考え。安倍晋三首相は8日、公明党の山口那津男代表と会いアフリカ超人「引き続き幹事長間で協議を重ねてまとめてもらいたい」と話していた。