618

僕はメモをとる。
仕事に際しても、個人的な事についても。
中絶薬: http://xn--ru486-4n1hp83zqzn.com
明日、忘れてしまう様な事なら、それはそういう事だと思うから書かない。
次の日に忘れてしまう音楽は、そういうものだから。
雨の日に、待合室の中で僕は何もしなかった。
受付番号が呼ばれるまでに、200人の人種の川がそこから無くなる必要がある。
音楽を聴こうかとイヤホンを耳元に送る。
本当に聴きたくなった曲の再生をしないのは僕に必要なものをそこに見出したくないからじゃないかと思った。
すみません…と声がした。
分かりやすい様な、そうでもない様な声だ。
「すみません。弁護士の方ですか?」と中東系の女性が僕に訊ねた。
「いえ、違いますよ」と答えると、悲しそうな笑顔の女性はその顔に悲しみだけを添え続けた。紅蜘蛛: http://www.xn--ogry99b0tp15iyia.net
彼女には何か問題があったのかもしれないけれど、僕にはどうすることもできない。
彼女を救う事も出来ないし、200人はまだ180人にもなっていなかった。
人の人生はわからないことが多いけれど、僕のものですらわからない。
ほんの少し計画があっても良いじゃないかと思いながら、下を向くと床に潰れた虫を見つけた。
また1人呼ばれる。
隣の女性はまだ呼ばれない。
彼女の顔は変わらない。
彼女の顔は僕の腕時計の秒針に似ていると思った。
僕にはどうする事もできない。
きっとこれは忘れないと思った。
そういうものだ。レビトラ: http://www.levitramall.com
僕はメモを書いた。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/saf123/27388