医師が問う医療ミスの現実

寝たきりの嚥下反射もなくなった認知症末期の高齢者
このレベルの認知症は記憶・スーパーファット人格とも崩壊している
胃管・胃瘻を入れてカロリー補給の延命治療は世界的にも疑問視されて
栄養補給の中止・自然シを推奨されている

リハビリ病院に入院中の経鼻胃管の交換の際に
気管に入ってしまった
良く起こっている医療事故
交通事故と同じく無くならない範疇のトラブル

一般的にこういう医療事故でしゃしゃり出て来て大騒ぎするのは
普段見舞いにあまり来ていない家族・精力剤販売店親戚に多い

病院側は医療事故を認めており賠償の話し合いをしようとしているが
家族(小児科医)はお金ではないと応じない
催情粉: http://xn--o0q550bj3u.com
それならば院内に安全対策委員会で
胃管交換マニュアルを作って定期的に委員会で報告(外部公開)
すればいいのではないだろうか(その家族は行くだろうから)
催情: http://www.xn--o0qt5br30afy6b3ud.com
結局は胃瘻交換は実行した医療人が責任を持って
レントゲンの位置の確認(レントゲン技師・医師の確認サイン)
栄養剤再開注入時の立ち合いと対応などを行う

多くの病院は看護師の仕事だから
責任を負わされるならD10催情剤
今後は看護師は胃管入れ替えをしませんと云う返答が
看護部が主張しそうなのがネックかもしれない
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/saf123/28401