渋谷ヒカリエで「ふるさとのねこ」写真展が開催中。子ねこの物語と津軽の四季を感じましょう

渋谷ヒカリエ9階のヒカリエホールにて岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」が開催中です。青森県津軽地方で一年に渡って子ねこの成長を撮影した写真の数々が展示されています。

「生まれ変わったらねこになりたい」と話すほどのねこ好きである岩合さんは、数々の奇跡の瞬間を捉えた、動物に愛される写真家です。世界各国で自然と野生動物の撮影はもちろん、身近な犬や猫を撮り続けています。
婦科千金片
今回の主役、子ねこのリッキーを撮影した写真の数々は、季節の移り変わりと共に子ねこから大人に成長していく様子を楽しむことができます。美しい自然はもちろん、夏のねぷた祭りや秋の真っ赤に熟れたリンゴなど、津軽地方ならではの魅力がたくさん。そんな地域の人々の生活にねこたちも寄り添うように生活している様子が多く写されています。

展示会場に隣接された物販スペースでは今回の「ふるさとのねこ」写真集はもちろん、たくさんのねこグッズが販売されています。なかでも人気なのが写真集で使われている写真を使ったうちわやマスキングテープです。リンゴの上でリラックスしている様子に思わず癒されてしまいそう。他にもマグネットや携帯ケースなど可愛らしいねこグッズが種類豊富にそろっていますよ。
セフラジン
期間中は岩合さんのギャラリートークやサイン会も開催されていて、かわいいねこたちとの撮影秘話なども聞くことができます。詳しい日程はHPで確認してください。

是非この夏のお出かけに「ふるさとのねこ」写真展へ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。天天素

新国立、ハディド氏と契約破棄で交渉へ…JSC

「白紙」に戻った新国立競技場の建設計画を巡り、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は21日、これまでに国内外の設計事務所やゼネコンと計約59億円の契約を結んでいたことを明らかにした。
同仁烏鶏白鳳丸
2014年末で契約期間を終えたものは支払いが確定しており、今年分についても業務内容に応じて多くが支払われる見込みという。

JSCが民主党の会合に提出した資料によると、英国在住の女性建築家、ザハ?ハディド氏の事務所に対してはデザイン監修料として約14億7000万円の契約を締結。このうち15年度の1億7000万円分の支払いについては今後、調整する。ハディド氏から損害賠償を求められる可能性もあり、JSCの鬼沢佳弘理事は「契約破棄について、近くハディド氏側と面談して交渉したい」と話した。
婦科千金片
  • 寓言 |
  • 2015-07-23 11:42:15

南海上を北上 四国上陸、中国縦断の恐れ

大型で非常に強い台風11号は15日、日本の南海上を北上し、大東島地方や小笠原諸島付近は大しけとなっている。気象庁によると、11号は強い勢力を維持して16日夜に西日本の太平洋側に接近し、17日にかけ四国付近に上陸して中国地方を縦断する恐れがある。
婦科千金片
気象庁によると、台風11号は15日午前9時現在、時速20キロで北進。中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。風速25メートル以上の暴風域は中心から170キロの全域。

15日は西日本の太平洋側を中心に次第に風が強まる。16日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は、四国35メートル(50メートル)▽九州、近畿、中国、東海20~25メートル(30~35メートル)▽小笠原諸島18メートル(30メートル)。17日は西?東日本で強風が吹く見込み。波の高さの予想は四国10メートル、近畿と東海8メートル。
セフラジン
15日夜から雨が降り始め、強い雨が長時間続く。16~17日に広範囲で大雨となり、局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降る。17日正午までの24時間予想雨量は多い所で四国800ミリ、近畿と東海600ミリ、関東甲信300ミリ。
  • 新聞 |
  • 2015-07-16 11:05:50

自由のない自民党とは

自民党若手有志による勉強会で、作家である百田 尚樹氏の「沖縄の2つの新聞社はつぶさなあかん」という発言が大々的に報じられました。
RU486
「言論の自由」に対する攻撃は看過できません。なぜなら、健全な民主主義に「言論の自由」は不可欠であり、多様な言論が偏りの少ない社会を実現するからです。その一方で「言論の自由」は野放しではありません。

神戸連続児童殺傷事件、俗に言う「酒鬼薔薇事件」の犯人による本の出版に、非難の声があがる理由でもあります。そして百田 尚樹氏によれば、発言はそもそも関係者以外を締め出した「オフレコ」のなかの雑談で、報じた記者は締め出された廊下から、曇りガラスに「耳」をこすりつけての盗み聞き。盗み聞きをもとに「言論の自由」を声高にさけばれても鼻白みます。999皮炎平
  • 新聞 |
  • 2015-07-10 11:45:33

別居で関係改善を目指すなら、密な連絡が欠かせない

「別居の大きなメリットとして、夫婦問題への精神的な負担軽減が挙げられます。ひとつ屋根の下ではつい感情的になってしまうことも、問題を少し離れて冷静に見られるようになり、ストレスからも解放されます」
同仁烏鶏白鳳丸
子連れの別居の場合、気になるのは子どものメンタル。環境が変わることで不安になってしまう子もいれば、ママが安定することで、かえってのびのびと生活できる子もいるそう。子どもの様子をよく観察して、必要であればしっかりケアをしてあげたい。
婦科千金片
「うまく別居をするためには、まずは自分や相手の気持ちをしっかり話し合っておくことが大切です。また、再構築を考えているならば、別居中も定期的に連絡をとるなど、相手とのコミュニケーションを絶やさないこともポイントでしょう」
セフラジン
別居は生活環境を変え、自分の気持ちや相手との関係を見直す機会。だが、「絶対離婚する」と決意しているのではない限り、別居には慎重を期す必要がありそうだ。