夏のダイエットに成功した人のうち、67%が「秋のリバウンド」を経験

江崎グリコが、8月11日から12日までの間、「今年の夏、ダイエットに成功した」と回答した20代~40代の男女500名を対象に行った、秋のリバウンドに関する調査で、『秋にリバウンドを経験したことがありますか?』と質問したところ、67%の人が「ある」と回答したという。

 また同調査で、『今年の秋、ダイエット後の体重維持に自信がありますか?』と聞いたら、37%の人が「自信なし」と回答。

 続いて、ダイエット中やダイエット直後にも関わらず、食べたくなってしまった経験があるメニューを尋ねたら、1位は「麺類」、2位は「ご飯もの」、3位は「スイーツ類」という結果になった。

 そこで、「食べ物の誘惑」に対抗するための食事として「効果がありそう」だと思うものを聞いたら、51%の人が「糖質制限の食事」と回答してトップに。このほか「糖質ゼロの食事」「炭水化物を野菜に置き換えた食事」「カロリーオフの食事」「噛みごたえがある食事」「必要栄養素を代替した食事」と答えた人も多かった。

 回答率が高かった「糖質制限」に対するイメージを尋ねてみると、「我慢を強いられるというネガティブなイメージ(37歳・女性)」「日本人の主食として今まであったものなので、完全にカットするのはなかなか難しいとおもう(32歳・男性)」というコメントが得られた。精力剤比較
媚薬

高槻少女殺害 「行確すると林へ入っていった」捜査幹部が明かす 容疑者特定の裏側

行確(こうかく)(行動確認)すると、柏原市青谷の竹林に入っていった」。大阪府警の捜査幹部は、山田浩二容疑者を特定した内幕をこう明かした。捜査員らは21日未明から山田容疑者を尾行。星野凌斗さんが遺体で発見された現場に一人で近づく様子を確認していた。

 山田容疑者が捜査線上に浮上したきっかけは、高槻市の平田奈津美さんの遺体遺棄現場周辺の防犯カメラ。遺体発見直前に不審な動きをするグレーの軽ワゴン車が写っていた。

 映像解析で走行ルートを割り出し、幹線道路の国道170号沿線の防犯カメラの映像を重点捜査。府警は車を特定し、ナンバーなどから所有者が割れた。それが山田容疑者だった。2人が消息を絶った13日以降の車の動きを追うと、不審な行動が明らかになっていった。

 逮捕の決め手となったのも防犯カメラ映像。13日午後0時39分、柏原市内のコンビニで粘着テープを2本購入する山田容疑者が写っていた。そして、山田容疑者が乗り込んだのはグレーの軽ワゴン車。「これはいける」。捜査幹部はこう確信したという。

 午後10時23分、平田さんの遺体遺棄現場に隣接する枚方市のガソリンスタンドで給油していることも判明。11分後の午後10時34分、高槻市の物流会社駐車場近くに設置された防犯カメラにもこの車がとらえられた。寝屋川、高槻、柏原…。「点と線」が結ばれた。

 21日午前1時15分ごろ、大阪市北区堂山町の駐車場で車を発見。捜査員らがひそかに追跡すると、車は再び柏原市青谷に向かった。午後7時36分、捜査員が星野さんの遺体を発見した。

 山田容疑者は午後8時20分ごろ、大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線の今福鶴見駅近くの交差点にいた。信号待ちで止まった車を捜査車両が挟み込んだ。山田容疑者の身柄が確保された。精力剤通販店
中国精力剤

トルコ軍に襲撃相次ぐ…クルド組織が空爆報復か

トルコで1日から2日にかけて、軍を狙った襲撃事件が相次いだ。

軍は、国内少数派クルド人の反政府武装組織「クルド労働者党」(PKK)による犯行と発表した。7月下旬からの空爆に対する報復措置とみられる。空爆では市民の犠牲者も出ており、PKKの拠点を抱えるイラク北部のクルド自治政府は懸念を強めている。
天天素
トルコ軍の発表などによると、1日夜、同国南東部マルディンで警戒中の部隊が武装集団に襲われ、兵士1人が死亡。2日未明には東部ドウバヤズットの治安当局の拠点で自爆テロが発生し、兵士2人が死亡、31人が負傷した。軍はいずれもPKKの犯行とみている。

トルコ国営通信によると、軍は7月30~31日、イラク北部の山岳にあるPKKの武器庫などの標的165か所以上を空爆。24日の空爆開始以降、PKKの死者は260人を超えた。韓国痩身一号
  • 新聞 |
  • 2015-08-05 12:06:56