広島・前田がRソックスの来季補強候補に!? MLBの超大物記者が名前挙げる

今オフの去就が注目されている広島の前田健太投手が、強豪レッドソックスの来季補強候補に浮上している。記者として米国野球殿堂から表彰されているピーター・ギャモンズ氏の運営する米野球専門メディア「デイリー・ギャモンズ」が「レッドソックスが先発ローテーションの上位を補うために“アルファ・ドッグ”を利用する」と報じている。

 今季、レッドソックスはドジャースからハンリー・ラミレス外野手、ジャイアンツからパブロ・サンドバル内野手というフリーエージェント(FA)市場における打者の目玉2人を補強したが、いずれも守備と打撃の両面で想定外の不振に陥った。さらに、先発ローテーションでエース級の投手獲得に失敗したこともあり、シーズン序盤に失速。守護神の上原浩治投手も打球を手に受けて今季離脱が決まっている。

 記事では、先発ローテーションの他のピッチャーや若手の負担を軽減できる存在を、ア・リーグのあるGMが語ったという「アルファドッグ(群れの先頭に立つ最強の犬、の意味)」と定義。今オフにFAとなるブルージェイズのデイビッド・プライス、ドジャースのザック・グレインキー(契約破棄の権利を行使した場合にFA)、ロイヤルズ移籍後不振のジョニー・クエトを絶対的なエースとしてのレッドソックスの補強候補に挙げている。
「彼はメジャーで投げられる。良いカーブを持っているが、細い」

 そして、ナショナルズのジョーダン・ジマーマン、ホワイトソックスで今季乱調のジェフ・サマージャ、ジャイアンツのマイク・リークに加え、前田は「アルファドッグ」の下の位置付けとなっている。

 今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用してメジャーに挑戦する可能性のある前田に関しては、ある球団でこんなスカウティングリポートが上がっているという。

「彼は(メジャーで)投げられる。良いカーブを持っているが、彼は細い。日本で週一のペースで投げているために、(メジャーでの)5日に1度の登板が障害となるかもしれない。そして、よりローテーションの中盤以降の投手でもある」

 前田は今季も13勝8敗、防御率2.25と優秀な成績を残している。クライマックスシリーズ進出争いの最終局面で、メジャー同様に中4日での先発登板もこなしており、この評価に変化がある可能性もありそうだ。昨オフからメジャー移籍への待望論が高まっている前田の去就は、オフが近づき再びアメリカでも注目されている。
イカオウ
威哥王販売

石田ゆり子はドM? 「指が折れるくらい押して! もっと強く!」

女優の佐々木希(27)、石田ゆり子(45)が16日、都内でネットクーポンサービス「ホットペッパービューティー」の新CM発表会に出席した。

 18日からオンエアされる新CMは「突然襲う衝動」がテーマ。自身に訪れる衝動を尋ねられた佐々木は「リップが好きで、家に忘れてしまったりすると『あ~っ、落ち着かない!』ってなってしまいます」と告白。「ここぞ、という時は女性らしい色のリップをつけます」と口元のこだわりを明かした。石田は「疲れると、なんとしてでも癒やされたいと思う。サロンに行くと『指が折れるぐらい押して! もっと強く!』と(施術者に)言っちゃいます」と意外な?好みについて語っていた。紅蜘蛛 通販
紅蜘蛛 通販

難民、年50万人「数年間可能」 独副首相、寛容な姿勢

ドイツのガブリエル副首相は7日、公共テレビZDFの番組で「ドイツは今後数年間、年間50万人の難民を受け入れることも可能だ」と発言した。難民受け入れに寛容なドイツ政府の姿勢をあらためて印象付ける発言だが、数字の根拠は不明。国内外で波紋を呼びそうだ。

 ガブリエル氏は「ドイツは強く(難民に)共感する国だ。経済的に素晴らしい状況にある」と強調。50万人の難民受け入れについて「可能だと確信している。もっと受け入れられるかもしれない」と述べた。女性用媚薬
精力剤通販店

足元に火がついた日本、勢いに乗る北朝鮮

2015東アジアカップで恥をかいた日本サッカーが切歯腐心している。

日本はカンボジア(3日・ホーム)・アフガニスタン(8日・アウェー)を相手に2018ロシアワールドカップ(W杯)アジア地域第2次予選2連戦を行う。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(63・ボスニア・ヘルツェゴビナ)が率いる日本は、最近、不振を免れないる。ことし8月に中国武漢で開かれた東アジアカップでは一ランク下と評価された北朝鮮に1-2で敗れるなど1敗引き分けという戦績で参加国4カ国(韓国・中国・北朝鮮)中で最下位を喫した。主軸選手が抜けていたという言い訳も効果がなかった。ライバルの韓国が核心選手の大部分を欠いていたにもかかわらず優勝したためだ。

また、これに先立ち6月に開かれたシンガポールとのロシアW杯アジア地域第1次戦では、ホームで最精鋭を投じても0-0のドローに終わった。この試合と東アジアカップ3試合を含む最近4試合で勝ちなしのハリルチームは日本メディアから袋叩きに遭った。

殺気立っている日本は今回の2連戦を控えて欧州組を全員呼び戻した。ハリル監督は日本の攻撃・守備の核心である本田圭佑(29、ACミラン)、岡崎慎司(29、レスター・シティ)、香川真司(26、ドルトムント)、吉田麻也(27、サウサンプトン)、長友佑都(29、インテル・ミラノ)らを抜擢した。ハリル監督は「無条件勝利」を叫んで意気込んでいるという。

揺れる日本に比べて北朝鮮代表チームは勢いに乗っている。5月にタイとの評価試合で1-0で勝った北朝鮮は、6月に開かれたロシアW杯アジア地域第2次予選アウェー第1戦のイエメン戦(3-0)とホーム第1戦のウズベキスタン戦(4-2)ですべて大勝を収めた。引き続き開かれた東アジアカップでは「ディフェンディング・チャンピオン」の日本を相手に逆転勝ちするなど最強の戦力をを誇り、1勝1敗1引き分けという無難な成績を記録した。

北朝鮮は今大会でパク・ヒョンイル(22)という長身FCを発掘してベテランGKリ・ミョングク(29)の健在ぶりを確認するという収穫を得た。3日、バーレーンとのロシアW杯アジア地域第2次予選第3戦を戦う北朝鮮は組別リーグ3連勝に挑戦する。
精力剤通販店
中国精力剤