新国立、ハディド氏と契約破棄で交渉へ…JSC

「白紙」に戻った新国立競技場の建設計画を巡り、事業主体の日本スポーツ振興センター(JSC)は21日、これまでに国内外の設計事務所やゼネコンと計約59億円の契約を結んでいたことを明らかにした。
同仁烏鶏白鳳丸
2014年末で契約期間を終えたものは支払いが確定しており、今年分についても業務内容に応じて多くが支払われる見込みという。

JSCが民主党の会合に提出した資料によると、英国在住の女性建築家、ザハ?ハディド氏の事務所に対してはデザイン監修料として約14億7000万円の契約を締結。このうち15年度の1億7000万円分の支払いについては今後、調整する。ハディド氏から損害賠償を求められる可能性もあり、JSCの鬼沢佳弘理事は「契約破棄について、近くハディド氏側と面談して交渉したい」と話した。
婦科千金片
  • 寓言 |
  • 2015-07-23 11:42:15

人事だけでなく全社的に取り組み全社員に周知徹底が必要

企業として準備しなければならないのは、番号を収集し、管理し、破棄するという人事的なシステムだけではない。たとえば、今後は支払い調書等の経理的な書類にもマイナンバーを記載することになる。従来はExcelのテンプレートで済ませていた、というような場合には対応しきれなくなる可能性もあるだろう。精力剤比較

「各種システムの見直しが必要でしょう。また、システム面だけでなく全社横断的な取り組みと、全部署?従業員への周知徹底が必要です。マイナンバーがどういうものなのか、その扱い方や罰則についても十分な教育をしなければなりません」と語る梅屋氏が、もっとも早い段階で強い周知徹底が必要だとしているのは、通知カードの配送時期とその保管についてだという。

「10月には通知カードが届くわけです。それをまず認識して、きちんと保存してもらわなければなりません。1月に番号を収集しようとして、そんなカードは知らないというのでは困るわけです。そのためにはこの夏、8月から9月にかけてしっかりとした周知と教育が大切になります」と梅屋氏は準備の時が近づいていることを力強く語った。催淫剤
  • 寓言 |
  • 2015-04-10 11:38:37

竹取物語により

超級脂肪燃焼弾



昔、あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。お爺さんは山へ行って竹を取り、かごを編んで暮らしていましたので、「竹取り」のお爺さんと呼ばれていました。ある日、竹取のお爺さんがいつものように、山へ行って竹を切っていると、側の竹の根元からまばゆい光がさしています。不思議に思って、その竹をそっと切ってみると、竹の中に小さな美しい女の子がにっこり微笑んで静かに座っていました。竹取のお爺さんは女の子を手のひらに載せ、大事に家へ連れて帰りました。お婆さんも大喜びで女の子を大切に育てました。

御秀堂
痩身一号
痩身1号
  • 寓言 |
  • 2014-05-09 16:36:16