難民、年50万人「数年間可能」 独副首相、寛容な姿勢

ドイツのガブリエル副首相は7日、公共テレビZDFの番組で「ドイツは今後数年間、年間50万人の難民を受け入れることも可能だ」と発言した。難民受け入れに寛容なドイツ政府の姿勢をあらためて印象付ける発言だが、数字の根拠は不明。国内外で波紋を呼びそうだ。

 ガブリエル氏は「ドイツは強く(難民に)共感する国だ。経済的に素晴らしい状況にある」と強調。50万人の難民受け入れについて「可能だと確信している。もっと受け入れられるかもしれない」と述べた。女性用媚薬
精力剤通販店