自民・谷垣氏復帰めど立たず=「頸髄損傷で手術」

自民党の細田博之幹事長代行は26日午前の党役員会で、自転車で転倒し負傷した谷垣禎一幹事長について「16日に頸髄(けいずい)を損傷し、手術を受けた。テレビで相撲を観戦するなど意識ははっきりしており、経過は順調だ」と報告した。媚薬

 ただ「今後についての正確な見通しを申し上げることはできない」と、職務復帰のめどが立たないことも明らかにした。

 細田氏はこの後の記者会見で、谷垣氏が幹事長職を続けられるかどうかについて「(本人から)そういう話は一切ない。安倍晋三首相からもない。実際どのように回復されるかは個人差がある。見守りたい」とするにとどめた。8月1日召集の臨時国会に合わせて復帰できるかも「分からない」と述べた。五便宝
首相は同3日に内閣改造・党役員人事を予定しており、谷垣氏の進退も焦点となる。

 関係者によると、谷垣氏は16日、皇居周辺で趣味のサイクリング中に転倒し負傷。東京都内の病院にいったん運ばれたが、専門的な治療を施すため、別の病院に移って手術を受けた。 a威哥王