台風5号、温帯低気圧に 北日本太平洋側は高波

台風5号は10日午前3時、千島近海で温帯低気圧に変わった。北日本の太平洋側では10日夕にかけ、うねりを伴って波の高い状態が続くため、気象庁は高波に注意を呼び掛けた。曲美

 気象庁によると、台風から変わった温帯低気圧は10日午前3時現在、千島近海を時速45キロで北寄りに進んだ。中心気圧は984ヘクトパスカル。最大風速は23メートルで、中心の南東側950キロ以内と北西側560キロ以内では風速15メートル以上の強風が吹いている。

 10日夕にかけ、北海道では高さ4メートルの波が予想される。催淫カプセル