寝て痩せる!簡単ですぐにできる睡眠ダイエットの方法

寝る直前までブルーライトやバックライトを浴びている場合、脳から分泌される睡眠を司る「メラトニン」の分泌量が大幅に減ってしまうことが分かりました。スマートフォンを含む携帯電話の長時間の使用や寝床に入ってからの使用によって、近年中高生の夜型傾向が強まっているそうです。夜型や不眠症になると、太りやすくなったり、ストレス増加や不安定精神状態からうつ病になるケースもあるそうです。ブルーライトは必ずしも悪玉なわけではなく、起床時に眠気を素早くとるためには、ブルーライトを浴びることが効果的なのだそうです。
漢方薬
大さじ1程度のはちみつをとり、肝臓に適度に糖質を蓄えることで、成長ホルモンの分泌がスムーズに。はちみつには睡眠や温度調節のカギを握る成長ホルモン、セロトニンが含まれています。はちみつは代謝を促すビタミンB群など美容にかかせない成分も豊富に含まれているんです。さらに、睡眠中に脂肪を燃焼させる効果もあるので、ダイエット効果も期待できて一石二鳥です!

むくんだ状態では、新陳代謝の機能も低下しますので、快適な睡眠を確保することができなくなり、慢性的な睡眠不足から、さまざまな障害が引き起こされてしまう。左右の鎖骨の間に重要なリンパ節があります。ここの詰まりを解消することで、首から上のリンパ液の滞りを解消していくことができます。両手のひらを肩から鎖骨にかけてなぞらせてリンパ節に向けてリンパを流します。鎖骨の間のリンパ節を開けて老廃物を流し入れて、コリをほぐします。ダイエット