技術的に可能という話と、社会的に可能という話はイコール

尿ではないが、アルコール呼気検査を可能にするスマートフォン用機器/アプリが登場しているのをご存知の方も多いだろう。さらに空港にサーモグラフィを設置し、体温の高い入国者をチェックするというのも似たような発想だ。そして防犯カメラに写っている人物の性別や年齢層を、正確に把握する画像解析技術もある。こうした機器や技術をネットワークでつなぐ仕組みさえ作ってしまえば、リアルQuantified Toiletの完成だ。
いくらデータが匿名化されているから、あるいは医療費抑制や犯罪防止、美しい公共スペースという社会的な価値に貢献するからと言われても、何となく不安を感じるというのが本音だろう。
媚薬 通販
さらに同じ調査では、血圧などのバイタルサインをシェアしても良いと答えたのは84パーセント、またいわゆる「スマートピル(錠剤)」のように体の内部をモニタリングする機器から得られたデータをシェアしても良いと答えたのは75パーセントに達している。
  • 新聞 |
  • 2014-05-04 14:58:56