通常のマヨネーズより見た目は若干薄め

同社は1993年に中国?北京に進出。野菜を使った料理は炒め料理や漬物が中心で、生野菜を食べる習慣はほとんどなく、マヨネーズも普及していなかった。媚薬 通販
そこで甘いマヨネーズの開発に乗り出すことになったが、現地好みの程良い甘さを出すために、試作を繰り返したといい、中国事業推進部の遠藤義明さんは「販売に至るまで約3年の歳月を費やした」と振り返る。リンゴやイチゴなどのカットフルーツを、よくあえて食べる
懐かしいな、青ラベルのキューピーマヨネーズ。
食品では唯一、私の中国土産の定番だ。
日本企業の生産なので、みな抵抗なく受け取っていただける
  • 健康 |
  • 2014-05-06 18:15:45