竹取物語により

超級脂肪燃焼弾



昔、あるところに、お爺さんとお婆さんがいました。お爺さんは山へ行って竹を取り、かごを編んで暮らしていましたので、「竹取り」のお爺さんと呼ばれていました。ある日、竹取のお爺さんがいつものように、山へ行って竹を切っていると、側の竹の根元からまばゆい光がさしています。不思議に思って、その竹をそっと切ってみると、竹の中に小さな美しい女の子がにっこり微笑んで静かに座っていました。竹取のお爺さんは女の子を手のひらに載せ、大事に家へ連れて帰りました。お婆さんも大喜びで女の子を大切に育てました。

御秀堂
痩身一号
痩身1号
  • 寓言 |
  • 2014-05-09 16:36:16