食品の中のエネルギーの一部は体温を維持する

催情丹
食品の大量の成分は全部で4類、水、炭水化物(デンプンや砂糖)、脂肪、蛋白質。その水を含まないエネルギー、他の三類に含まれるエネルギーは、俗に言う「熱」や「カロリー」。だって、これらの食品の成分が体の中で酸化分解し、最後に二酸化炭素と水になると同時に、エネルギーを放つ。
狼一号
しかし、これらのエネルギーも出てきて、何に使うかその一部を維持する生命活動を維持し、脳の思考、また一部に筋肉運動され、消化吸収され、体温を維持。知っていて、人は恒温動物、体の内部の温度を維持する必要が37度こそ、生命活動に正常に行う。暑くてだめ、寒くてもだめだ。しかし、こんなに大きな1つの保温箱には、きっと相当エネルギーのだろう。だから、飢えの人、熱の生産能力が低下し、冬になると、冷えやすい。人々はすべて1種体得し、冬は食事の前には少し寒くて、1食事と多くが暖かい。それは、体のエネルギーを消費する追加して、このようなエネルギーを体表に配布し出して、感じに発熱し、これを「食品の熱効果」や「食べ物の特殊な動力作用」。その原因はまだ完全に解明されるわけだが、タンパク質と食物の消化吸収と体内の代謝の過程のなかにのエネルギー消費に関する。VigRx
  • 健康 |
  • 2014-05-16 10:28:55