朴大統領、ユネスコ事務局長に日本の世界遺産登録申請で猛反対「国家間分裂を招く」

韓国の朴槿恵(パク?クネ)大統領は20日、最近、日本政府が植民地時代に朝鮮人を強制収容したとする施設を含めた「明治日本の産業革命遺産」をユネスコ世界文化遺産への登録推進していることに対して、「国家間の不必要な分裂を招くこと」と批判した。
インモラル
大統領府によると、朴大統領はこの日の午後、ユネスコのボコバ事務局長と会談し、「世界遺産は国家間の葛藤を助長するのではなく、対話?和解?友好を増進させる役割をしなければならない」としてこのように述べた。

これに、ボコバ事務局長は「私は世界遺産委員会会員国である韓国と日本の両者間の対話の必要性を何度か強調してきた」とし、「世界遺産委員長に朴大統領のメッセージを明確に伝えるようにしたい」とした。蔵八宝

シャープ退職者を見込んで、アイリスオーヤマの大阪R&Dセンターが増員を計画

アイリスオーヤマは、シャープの営業赤字による人員削減を見込んで大阪の家電開発拠点「大阪R&Dセンター」の採用人数を当初の45名より増やすことを明かした。
韓国痩身1号
同拠点は、家電製品の研究開発を目的として、2013年より稼働しており、当初から家電メーカー出身者を積極的に採用している。現在のセンター長もパナソニック出身者のほか、30名いる開発関係者の27名が家電メーカー出身の中途採用社員で構成されている。
催情剤
アイリスオーヤマでは、エンジニア、知財、品質管理などのノウハウを持ち、実際に手を動かしてモノづくりをしたいと考えている人を積極的に採用していくとし、今後は退職者向けの説明会なども検討しているという。将来的には、同センターを100名ほどの社員が働く開発拠点にするという。
漢方精力剤
シャープは、2014年度の最終的な損益が2,223億円の赤字となったことを受け、経営立て直しに向けた今後3年間の中期経営計画を発表。グローバルで10%、国内で3,500人程度の人員削減を行なうことを発表している。

日本の震災バイオリン、台湾?高雄で優美な音色披露 観客の心癒やす

(高雄 8日 中央社)台湾南部の高雄市で7日、東日本大震災で発生した津波の流木で作られたバイオリンの演奏交流会が行われ、その美しい音色とメロディーに来場者らが酔いしれた。同市の陳菊市長はこのバイオリンを通じて平和を愛する台日の共通理念を伝えたいとしている。
粉劑媚薬
同バイオリンは日本の震災バイオリン製作者、中澤宗幸さんが陸前高田市(岩手県)の流木松を用いて作ったもの。台湾では今年2月初旬に高雄市の小学生によって初めて演奏され、昨年夏に現地で起きた大規模なガス爆発事故などで大きな被害を受けた市民らを癒した。花痴

今回も被災者らの心を慰め祝福を送ろうとこの日の演奏会では、中澤さんの夫人でバイオリニストのきみ子さんが独奏。地元の小?中学生らも聞き手の心が動く演奏を披露し、台湾と日本の人々の心の距離を近づけた。
催淫カプセル
同イベントは10年間で各国のバイオリニスト1000人がリレーして演奏する「千の音色でつなぐ絆」プロジェクトの一環として実施。地震がもたらす被害の記憶が時間の経過とともに風化することを食い止めたい中澤氏の思いが込められている。

どうなるマー君 右肘手術の球児は前腕の張りが“前兆”だった

前腕の張りは、一般的に肘のじん帯へのダメージの前兆であることが多い。無意識に肘をかばうことで張るケースが多く、CBSスポーツは「前腕の張り。もう何百回も耳にしてきたが、右肘じん帯を痛める前兆だ。将来的にはトミー?ジョン手術かもしれない」と伝えた。狼一号

実際、13年の藤川(当時カブス)は右前腕の張りを訴えた後に、右肘が悲鳴を上げて同手術を迫られた。ニューヨーク?タイムズ電子版はバブルヘッドデーと重ね合わせ「本物の田中は今のところ景品(の人形)並みに壊れやすいように見える」と厳しい論調だった。

メッツの26歳エース?ハービーは、13年9月に右肘じん帯を損傷し、一度はヤンキース?田中と同じくPRP(多血小板血しょう)療法での保存療法を選択。その後、完治させるために同手術に転じて、今季開幕から4連勝と復活を遂げた。さまざまなケースと照らし合わせ、今後もトミー?ジョン手術に関する議論が続くことは避けられそうもない。D10媚薬