キャンプ指導員

大学生の頃、小学生のキャンプ指導員のバイトをやったことがある。
レビトラ: http://www.levitramall.com
オリエンテーリングの手伝いをしたり、テントの張りかたを教えたりというのが主な仕事。

一泊で2万円という収入につられて申し込んだものの、バイト中は禁煙と決められていたので、トイレの中で小学生に隠れてタバコを吸ったりと情けないことになっていたわけです(普通は立場が逆だろう)。
 
それはさておき、そのときの同僚スタッフにシアリス「スパルタ式の指導」をモットーとしている人がいた。

たとえば彼は、シャツの裾が出ているダラシナイ小学生を見つけるたびに怒鳴りつけるのだ。

「シャツを入れろバカッ! しまいに殴るぞ!」。
 
そしてスパルタの彼は、その効果を俺らに自慢するのだった。

「あのガキ、オレと顔を合わすとサッとシャツの裾を入れよる。精力剤販売店ふだんはダラシナイ格好してるのに、オレがそばにいるときだけはシャキッとしてるんや。オレの教育効果、すごいやろ!?」

ちょっと待て。

確かに身だしなみは大切かもしれないが、ちゃんとしてるのが「オレがそばにいるときだけ」というのは全然ダメじゃないのか。

こんなことを自慢してる時点で教育者失格だろう。

かくいう俺は気が弱く、スーパーファット小学生にも卑屈になってナメられまくってたんですが。

当時の怨みをこんなところで晴らしてみる。

さんじゅーなな

本日誠に申し訳ないことでございますが、
またひとつ馬齢を重ねました。
それ以外に鹿齢も重ねて「うましか」な感じにした方が
自分にお似合いなのですがねぇ……。
相変わらずのクオリティです。
レビトラ: http://www.levitramall.com
この年にもなるとさすがに祝ってもらうという感覚が
希薄になりがちです。
でも、よく行くレストランや居酒屋さんが
目ざとく押さえていて、なんだかんだでお祝いしてくれる
という流れになります。

あれ?
なんでケーキが食後に……
Happy Birthday?
誰の?蟻力神(第五代)
マスター?
いやいや、それならなんで自分にもって……
おめでとうございます?
自分に?
今日は9月?
ああ、自分!?

気づくのが遅すぎですね……。

乙女ではないですが、乙女座。
乙女ごころを持てということでしょうか?
うーん、ヲトメなら昔目指されている方を存じ上げていますが、
さすがに男でそれを目指すというのは何かが違うような気がします。

さて、今日は逆襲すべく、levitra
Top'sのケーキでも品川に買いに行くか(笑)

リクエストがあったのでお酒の話

最後の晩餐になにを食べるかという
古典的な質問がありますよね。
実際には意図せず唐突に死が訪れるやもしれず
無意味な質問だとは思うけど。

無意味を承知で答えるならば
私はお酒をいただくだろう。
そうです。わたしは酒飲みオヤジなのです。
そしてシャンパンを選ぶでありましょう。

もちろん最後の晩餐だけじゃなく

オープンテラスでのブランチはミモザ
濃蜜な夜にはブラックベルベット
目覚めた彼女と二人でシャンパンシャーベット

なーんて、優雅な生活が毎日送れれば理想的だが
現実にはそんな生活許されるわけはないから
私にとってシャンパンをいただくのは
「特別な日」と決めている。

クリスマス、お正月、お花見、誕生日
大きな仕事がまとまった日
親しい友人達とのお祝い
好ましい異性とのデートの日・・・

こんな特別だったり幸せな日にだけ飲むのだけれど
原則的にはひとりで飲む酒ではなく
気心の知れた仲間や好きな人と一緒に幸せ気分で
飲む酒だから、なおさらに美味しく感じるのだろう。

即ち私にとって、シャンパンとは幸福そのもの
シャンパンの無い人生は考えられない。
私はシャンパンを一本でも多く飲むために
日々を生きているといっても過言ではないかも
知れません。

って、誰も読んでませんか?
そうだろうなあ。リクエストされたといいつつ
もう来られないかも知れないし・・
なんだかオヤジの勝手な独白みたいになっちゃった。
さてと。今宵はビールと焼酎でも飲むことにしましょうか。

蟻力神(第五代)
King Wolf狼王戦宝
バイアグラ

痛みの王様を味わう(笑)

3、4年ほど前の夏のこと。

右側の腰あたりに鈍い痛みを感じたことがあります。
最初はじんわり痛いくらいだったけど、だんだん耐え難い痛みになってきました。
でも、この時は何度かトイレに行ったら不思議と痛みもなくなりました。

これ、後から話を聞いたら、どうも尿管結石らしいんですよね。。
石も小さかったようで、真夏ということもあり、よく水分を摂っていたので、自覚のないまま尿と一緒に出ちゃったみたいなんです(笑)

昨日、朝の仕事を終えて帰ろうとしていた頃、記憶にある痛みが右側の腰にありました。
それが家に着く頃には、痛みが右脇腹に移動。

「あ~、これは結石かも…」

直感的にそう思いました。

そして、その痛みは家に着いた時点で、絶叫しながらのたうち回るような痛みに変わっていました。
ただ、しばらくすると、痛みは少しずつ右脇腹から真ん中に移動しているのも感じ始めていたので、

「あ、動いてるってことは、自分で出せるやつやな」

と、妙に冷静な自分もいて、この時点で自分で出そうと思っていて、もうどうにもならなかったら、救急車を呼ぼうと考えていました。

が、しかし!
ここからの闘いの長いこと(笑)

最初に痛みを覚えてから約5時間。

痛すぎて、変な汗いっぱい出るし(笑)
石を出すために水を飲んだら、石が移動してまた痛いし(笑)
もう一生ぶんの「痛い」を言い尽くしたんじゃないかっていうくらい「痛い」を絶叫しまくって、部屋の中で転げ回っていました。

そして、痛みがついにオ●ンチンに近づいてきた頃、痛みに耐えられなくなったのか、暴れるのに疲れたのか、まるで気絶するように眠っていました。

どのくらい寝ていたのか、外はもう真っ暗。
尿意で目が覚めてトイレに行きました。意識がハッキリし始めると同時に、痛みがひいていることに気付きました。

少し落ち着いてから、いろいろと調べてみました。

尿管結石の痛みって『痛みの王様』って言われてるらしいですね。。
あと『人が味わう三大激痛のひとつ』って書いてるのもあったなぁ…(^_^;)

あるところには『出産と同等の痛み』とも書いていました。

ボク、赤ちゃん産めますかね?(笑)

そんな冗談はさておき、、

まだ若いとは言われますけど、やっぱり中年ですからね(笑)

様々な意味で、いつまでも20歳代みたいな生活は通用しないし、いろいろと見直していかないとなぁ、、と思わされるのでした。

蟻力神
巨人倍増
堕胎薬