キャンプ指導員

大学生の頃、小学生のキャンプ指導員のバイトをやったことがある。
レビトラ: http://www.levitramall.com
オリエンテーリングの手伝いをしたり、テントの張りかたを教えたりというのが主な仕事。

一泊で2万円という収入につられて申し込んだものの、バイト中は禁煙と決められていたので、トイレの中で小学生に隠れてタバコを吸ったりと情けないことになっていたわけです(普通は立場が逆だろう)。
 
それはさておき、そのときの同僚スタッフにシアリス「スパルタ式の指導」をモットーとしている人がいた。

たとえば彼は、シャツの裾が出ているダラシナイ小学生を見つけるたびに怒鳴りつけるのだ。

「シャツを入れろバカッ! しまいに殴るぞ!」。
 
そしてスパルタの彼は、その効果を俺らに自慢するのだった。

「あのガキ、オレと顔を合わすとサッとシャツの裾を入れよる。精力剤販売店ふだんはダラシナイ格好してるのに、オレがそばにいるときだけはシャキッとしてるんや。オレの教育効果、すごいやろ!?」

ちょっと待て。

確かに身だしなみは大切かもしれないが、ちゃんとしてるのが「オレがそばにいるときだけ」というのは全然ダメじゃないのか。

こんなことを自慢してる時点で教育者失格だろう。

かくいう俺は気が弱く、スーパーファット小学生にも卑屈になってナメられまくってたんですが。

当時の怨みをこんなところで晴らしてみる。
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/saina211/25790