《子 宮 筋 腫》

※主な検査★触診・CT検査・超音波検査


【知 識】子宮筋腫は、子宮を構成する平滑筋と言う筋肉が増殖し、筋腫(こぶのような塊)が出来る病気です。


腫瘍の一種ですが、良性のものなので、気になる症状がなければ治療を必要としないこともあります。


【原 因】はっきりとした原因は判って居ません

しかし、『初経時にはほとんど発症しない』『女性ホルモンの働きが活発な30~50歳ごろに多い』『閉経後は子宮筋腫が小さくなったり消えたりする』と言う特徴がある事から、女性ホルモンの働きが関係していると考えられます。


【症 状】筋腫が小さい時は、目立った症状はあらわれません。


内科医などにお腹を診察して貰った時に、偶然にしこりが見つかる事があります。


筋腫がこぶし大以上になると、自分でも腹部のしかりを感じるようになり月経過多や月経痛、出血による貧血などの症状があらわれます。


筋腫が大きくなって、子宮の周囲の膀胱や直腸を圧迫するようになると、頻尿、便秘下腹部痛などが起こる事もあります。

【予防・改善】■定期的に検査をうける……日常性に支障をきたす症状がみられる場合には、手術による治療も必要になります。


子宮の状態を調べる検査を定期的に受けましょう

■月経の状態をチェックする……月経痛、無月経月経過多、不正器出血など、月経に異常がないか注意をはからう事か゛大切です。


これから、既婚者の男性のみなさん、大切な奥様娘さんを、ガンで亡くさないで下さい、女性のみなさん、ガンで大切な命を消さないで下さいね

『子宮内膜症』『乳がん』『子宮頚部がん』『子宮体部がん』を書きますから参考にして下さいね

まだまだ続きますので最後まで見て下されば、有り難いです。
韓国痩身1号
SPANISCHE FLIEGE D5
淫インモラル