[SIGGRAPH]「FINAL FANTASY XV」の戦闘シーンはどのように描かれるのか。リアル

SIGGRAPHは,ノンリアルタイムのCG映像を扱うだけの学会ではない。2010年のSIGGRAPH 2010から,リアルタイムレンダリング技術にスポットをあてた「Real-Time Live!」と呼ばれる,ちょっと変わったイベントも行われている。
 わずか5分間という持ち時間で,実際にデモ機でプログラムを実行しながら,講演者がその解説を行うという,ほかのイベントでは見かけない進行となっているのが,Real-Time Live!のポイントだ。テーマがリアルタイムレンダリングであるだけでなく,イベント自体もリアルタイムというわけである。

 さて,今回のReal-Time Live!には,珍しく日本からスクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XV」(PS4 / Xbox One,以下 FFXV)開発チームが参加して,「Real-Time Technologies of FINAL FANTASY XV Battles」(FINAL FANTASY XVの戦闘におけるリアルタイム技術)というセッションを行った。
 セッションを担当したのは,第2ビジネス・ディビジョン シニアプログラマーの長谷川 勇氏と,テクノロジー推進部 リードAIリサーチャーの三宅陽一郎氏だ。

セッションはReal-Time Live!に相応しく,戦闘シーンに注目したものだ(左)。右写真は,セッションを担当した長谷川 勇氏(写真左,シニアプログラマー,第2ビジネス・ディビジョン,スクウェア・エニックス)と,三宅陽一郎氏(写真右,リードAIリサーチャー,テクノロジー推進部,スクウェア・エニックス)
[SIGGRAPH]「FINAL FANTASY XV」の戦闘シーンはどのように描かれるのか。リアルタイムデモをもとにポイントを解説

Agni's Philosophyのデモムービーより
[SIGGRAPH]「FINAL FANTASY XV」の戦闘シーンはどのように描かれるのか。リアルタイムデモをもとにポイントを解説  スクウェア・エニックスといえば,SIGGRAPH 2012のReal-Time Live!でも,「次世代ファイナルファンタジーが目指すグラフィックスのデモ」として「Agni's Philosophy」を披露し,好評を博したことがある(関連記事)。
 今回,FFXV開発チームがReal-Time Live!に登壇するのは,いわば4年前に提示したコンセプトから,実際のゲームがどうなったのかという結果報告ともいえるわけで,ゲーム開発者からの注目度は相当に高かったのではないだろうか。

 そんな,FFXV開発チームの発表映像内容を,特別に実機からデジタル録画する許可を得たので,その映像を示したうえで概要を解説しよう。まずはその映像を見てほしい。デモ機が出力した映像の録画なので画質も非常に高く,見ているだけでも楽しめると思う。
 なお,当然ながら映像は開発途中のものであり,製品版ではさらに改善するとのことだ。

「Real-Time Technologies of FINAL FANTASY XV Battles」の実演デモ
Clik to PlayClik to Play

Real-Time Live!で実演されたデモを実機から直接録画した映像。一部の場面でフレームレートが落ちるのは,開発用のデバッグ画面を出しているためだ。また,一部の表現は現時点での最新版よりも古いそうで,調整が行き届いていない部分が残っているとのこと

 なお,本作は今のところ,PlayStation 4用とXbox One用がリリースされることになっているのだが,デモに使われたのは開発用のWindows PCである。ちなみにデモ機のスペックは,CPUが「Core i7-5820K」で,グラフィックスカードは「GeForce GTX 980 Ti」搭載カード,メインメモリはPC4-21300 DDR4-SDRAM 8GB×4とのことだった。

レベルファイブの新作はロボットアクションRPG。戦闘ロボに乗って異星人と戦う「メガトン級ムサシ」が発

レベルファイブは本日(2016年7月27日)開催の同社新作発表会「LEVEL5 VISION 2016 -NEW HEROES-」にて,新作タイトル「メガトン級ムサシ」を発表した。プロジェクトは2017年夏に展開予定となっている。

 クロスメディアプロジェクト第5弾として発表された本作は,宇宙から飛来した異星人によって環境改善を強制され,ボロボロになってしまった地球が舞台となる。プレイヤーは異星人たちから地球を解放するため,ムサシと呼ばれるロボットに乗って戦うようだ。

 ジャンルはアクションRPGとのことで,会場で公開されたアニメPVでは,必殺技がプログラムとして組み込まれたカードをセットして,「メガトンパンチ」という技を放ったり,変形したりしていた。雰囲気として「スーパーロボット」ものに近いものを感じる。

※ニンテンドー3DSを使ったイメージも公開されたが,プレゼンターの日野氏はプラットフォームを明言しなかった

 ゲームは通信機能によるマルチプレイ対応しているとのことだが,詳細までは不明だ。また,登場する機体や必殺技のカード,そして操作系コントローラの玩具も発表された。この辺りの詳細は続報に期待しよう。

《リンク:「レベルファイブ」公式サイト》
(http://www.level5.co.jp/)


―――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/351/G035108/20160727058/
→画像、ムービーなどがすべてある完全版です
―――――――――――――――――
関連タイトル:
・ メガトン級ムサシ

PS4 PS3 『シュタインズ・ゲート ゼロ』完全版サントラのジャケットが公開

●CD2枚組、全39曲を収録

 5pb.は『シュタインズ・ゲート ゼロ』の楽曲を収録し、2016年8月24日に発売されるオリジナルサウンドトラック“「STEINS;GATE 0 SOUND TRACKS」-完全版-”のジャケットを公開した。

 以下、リリースより。


「STEINS;GATE 0 SOUND TRACKS」-完全版-(8月24日発売)のジャケットが公開された。
ゲーム「STEINS;GATE 0」のBGMに加え、OPED楽曲、挿入歌、さらにメインテーマの別アレンジ曲「Messenger -main theme- OPM arrange」も収録し、全39曲(CD2枚組)でのリリース。
初回生産特典としてスマホで楽しめる全楽曲データ(※楽曲はCDと同じ)、PS4&PS3&PS Vitaソフト「STEINS;GATE 0」のプロモーションPVを収録したDISC PLUSダウンロードコードが付属する。

FVCG1382_シュタゲ0サントラ_web
■商品データ
タイトル:「STEINS;GATE 0 SOUND TRACKS」-完全版-
発売日:2016年8月24日(水)
品番:FVCG-1382 価格:3,500円(税抜)
発売元:5pb. 販売元:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー 

【初回生産特典】 DISC PLUSダウンロードコード
(スマホで楽しめる全楽曲データ(※楽曲はCDと同じ)、PS4&PS3&PS Vitaソフト「STEINS;GATE 0」のプロモーションPVを収録)

★OPテーマ「アマデウス」(歌:いとうかなこ)、EDテーマ「ライア」(歌:Zwei)、「GATE OF STEINER」(歌:佐々木恵梨)、挿入歌「星の奏でる歌」(歌:椎名かがり(cv.潘めぐみ))もフルバージョンで収録。
★メインテーマの別アレンジ曲「Messenger -main theme- OPM arrange」も収録。全39曲を収録。
★CDデータ領域には「Messenger -piano-」と「Fellowship -piano-」のデジタル譜面、デジタルブックレットを収録したエンハンスド仕様。BGMを手がけた阿保剛によるライナーも付属。


【収録内容】(CD2枚組)※全39曲

(CD1)※エンハンスドCD仕様                       
1.アマデウス/いとうかなこ(オープニングテーマ)
2.Messenger -main theme-
3.Aug.13,2036
4.First leap
5.Amadeus
6.Newcomer
7.Logical theme
8.Easygoing members
9.Her community
10.Isolation
11.Okey-dokey
12.Future of spirit
13.Riskful dialogue
14.Fellowship
15.Chasers
16.In a relief time
17.Reading steiner
18.星の奏でる歌/椎名かがり(cv.潘めぐみ)(挿入歌)

★エンハンスド収録内容
「Messenger -piano-」と「Fellowship -piano-」のデジタル譜面、デジタルブックレットを収録。

(CD2)
1.Messenger -piano-
2.ピアノソナタ11番第1楽章
3.ピアノソナタ11番第3楽章
4.Shuddery view
5.Tactics in confusion
6.Fellowship -piano-
7.Okey-dokey -short-
8.GIRLISH -amusements ver.-
9.星の奏でる歌 -music box-
10.Chasers 2nd
11.Berserk
12.Re-awake
13.The end of messenger
14.Messenger from zero
15.Believe me -zero-
16.SG0 preview
17.アマデウス-instrumental
18.ライア-instrumental
19.ライア/Zwei(エンディングテーマ)
20.GATE OF STEINER/佐々木恵梨(エンディングテーマ)
21.Messenger -main theme- OPM arrange

【特設サイト】http://5pb.jp/records/sg0/(⇒こちら)
【試聴動画公開URL】https://youtu.be/bwbcK-WzO1A(⇒こちら)
【DiscPlus URL】https://disc-plus.com/detail/96(⇒こちら)