Android パズドラ【攻略】: ミルの使い方講座

降臨モンスターの中では、トップクラスの強さをもつミル。今回はミルパーティーの編成例や、無課金で入手できるモンスターも含めたおすすめサブなどを紹介する。
パーティー編成例
おすすめサブ(属性強化編)
おすすめサブ(2体攻撃編)
おすすめサブ(無課金編)
攻防一体の降臨最強リーダー


特殊降臨の「ミル降臨」で手に入れられるミルは、ガチャ限モンスターと比べても遜色ないリーダースキルを持つ。
十字消しをするだけで、7倍もの攻撃力と、ダメージを半減する驚異的な耐久力が得られる。難しい十字消しも操作時間延長によって組みやすくなっている。
さらに、ステータスはプラス換算値で1,000。全モンスターの中で3番目に高く、2位マシンゼウスとは誤差の範囲。
ダンジョンの難易度の高さ、進化素材の難しさなど、育成にはかなりの手間暇がかかるが、相応以上の強さだ。
なお、ミルの攻撃倍率は1か7で両極端だが、闘技場のソティス(ダメージ20万以上吸収)には、変換で生成した未強化の光ドロップを使った攻撃で対応できる。
ミル降臨攻略はこちら
回復十消しが苦手な人はこちら
列強化と2wayどちらでもOK

ミルパーティーは2体攻撃メインか、属性強化にするか、それともどちらも得意とするハイブリッド編成にするかと、サブの自由度は高い。
そして、どの覚醒スキルを主軸とするかによって、同じミルパーティーでも編成は大きく異なってくる。
手軽に火力を出したいなら2体攻撃、エンハンス不要の最大火力が欲しいなら属性強化を中心に。
どちらの覚醒も盛り込んだハイブリッド編成では、どちらの特徴も得られるが、特化した編成よりも部分的な火力や細かい対応力で劣る。
圧倒的な防御力

ミルパーティーに限らず、十字消しリーダー全般に言えることだが、圧倒的な防御力が非常に大きな強みだ。
回復の十字消しをすることで、リーダー・フレンド合わせて敵のダメージは1/4になる。
毎ターン回復ドロップを5個以上確保できれば、HP4倍パーティーと同じ耐久力になる。割合ダメージもカットできるので、実質それ以上でもある。
また、インドラ(3ターンダメージ75%減少)も使えば、画像の酒呑童子の「百鬼夜行(171,830ダメージ)」は軽く耐えることができ、さらには闘技場ソティスの「さよならー(354,788ダメージ)」も受け止めてしまう。
パーティー編成例

ミルのパーティー編成例を紹介していく。
属性強化編成

リーダー:星刻の時龍契士・ミル
サブ1:功徳の金猿神・孫悟空
サブ2:残光の破壊龍・アポカリプス
サブ3:裁爪の橙龍契士・サリア
サブ4;覚醒大喬&小喬
属性強化10個。フレンドも合わせれば11個。
サブは全員光と回復ドロップを供給できるモンスターなので、欠損がほとんど起こらない。
また、大喬&小喬以外は2体攻撃を持っているので、光ドロップが足りない時は2体攻撃でもある程度対応可能。
大喬&小喬をユニコーンライダーにしたり、サリアをアポカリプス2体目にしたりすることで、ハイブリッド編成にアレンジできる。
2体攻撃編成

リーダー:星刻の時龍契士・ミル
サブ1:煌斧の星天使・アリエル
サブ2:残光の破壊龍・アポカリプス
サブ3:早天の日龍喚士・カンナ
サブ4:ユニコーンライダー・リーネ
2体攻撃2個以上のサブで固めた編成。
アリエルは攻撃タイプの2体攻撃3個持ちだが、スキルはランダム光ドロップ生成。スキルが最大4ターンなので、使う時は別のスキルを継承させるか、回復ドロップに余裕がある時に使う。
残りは回復ドロップを生成できるアポカリプスやユニコーンライダーで十字消しを維持しつつ、ボス戦ではカンナのエンハンスで火力を高められる。
無課金ベース編成

リーダー:星刻の時龍契士・ミル
サブ1:黄天の果実・レモンドラゴン
サブ2:残光の破壊龍・アポカリプス
サブ3:密命の天使・イーリア
サブ4:ユニコーンライダー・リーネ
5体中3体が無課金モンスターの編成。
2体攻撃パーティーを少しアレンジしたもので、アリエルを回復生成のレモンドラゴンに、カンナをヘイスト持ちのイーリアにすることで、回復生成の頻度を高めた。
無課金モンスターが多いと、光と回復を同時に生成する手段がなく、火力も低くなりやすい。
まずは、回復ドロップの確保を最優先に、守りながら攻めていくようにしよう。
おすすめのサブ(属性強化編)

属性強化編成向けの、ガチャ限のおすすめサブを紹介していく。
孫悟空

超究極なだけはあり、ステータス、覚醒、スキルどれもが優れている。
特に、光も回復ドロップも供給できるスキルは、ミルのリーダースキルと相性がよく、攻守共に強化できる。
2体攻撃も1個だけだが持っているので、ハイブリッド編成でも使える。
ただし、欠点を挙げるとすれば、組み合わせられる3色陣役がいないということ。基本的にスキルは単体使用になる。
アポカリプス

属性強化、2体攻撃どちらも2個ずつ持っているので、属性強化に限らずどんな編成にも入れる。ハイブリッド編成では軸となるモンスター。
スキルは盤面をリフレッシュしつつ、使えるドロップだけを供給してくれる。また、大喬&小喬と組み合わせることもできる。
極論、サブはアポカリプス4体でもかなり強力といえるほどミルパーティーとマッチした性能なので、サブに困ったら2体目以降でもアポカリプスを入れておけば間違いない。
同じ回復を含む3色陣のサリアと比較すると、2体攻撃が多い点で優れている。逆にサリアは、光半蔵や光明智との組み合わせが可能で、操作時間延長がある。
大喬&小喬

孫悟空と同じタイプのスキルをもっている。こちらの方が属性強化の数が多く、毒やお邪魔ドロップも消せる利点がある。
また、アポカリプスと組み合わせて光と回復の2色陣が作れるのも強み。
なお、究極分岐の大喬も覚醒進化に負けず劣らずな性能なので、同時に候補として入ってくる。
おすすめサブ(2体攻撃編)

2体攻撃中心の覚醒を持つ、ガチャ限のオススメサブモンスターを紹介していく。
光サツキ(花嫁サツキ)

高めの攻撃力に、2体攻撃3個を持った主力級のモンスター。
スキルは軽変換+ヘイストで、これもまた攻撃面を強化する。
その攻撃性能の高さから、2体攻撃は光サツキに任せ、残りは属性強化中心にするという編成をしても面白いだろう。
季節限定ガチャでしか手に入らないので、入手難易度はかなり高い。しかし、2体攻撃編成では最優先で入るサブの1人。
カンナ

花嫁サツキを除いた光属性の2体攻撃3個持ちかつ、回復を消さない唯一のモンスター。
スキルはエンハンスなので、最大火力の低い2体攻撃編成と相性がいい。
タイプエンハンスなので編成が縛られるところはあるが、今回紹介しているおすすめサブの中でも、ユニコーンライダーを除くすべてが対象になるほど範囲は広い。
意識しなくても過半数のメンバーがエンハンスの対象になるので、光サツキ同様、火力要員として編成したい。
ユニコーンライダー

2体攻撃2個の覚醒と、回復ドロップをちょうど5個生成するスキルが特徴。
確実に十字消しに必要な回復ドロップを、最速6ターンもの速さで供給できる。スキル継承で別のスキルをつけてもいい。
ステータスはガチャ限にしては低いが、マルチブーストを持っているので、マルチプレイでは一気にトップクラスのステータスに変貌する。
その攻撃力は光サツキをも圧倒するので、マルチプレイの時は編成しておきたい。
光属性強化も持っているので、属性強化寄りのパーティーでも使える。
おすすめサブ(無課金編)

レアガチャ以外から入手可能な、おすすめのサブを紹介していく。
ガチャ限サブが足りない時に、参考にしてほしい。
ヴァーチェ

超究極ミルの進化素材にも使われるヴァーチェだが、2体攻撃中心の編成に向いた覚醒スキルを持っている。
無課金モンスターの中では貴重な2体攻撃2個持ち。
スキルも5ターンの変換なので、攻撃面だけで見ればガチャ限モンスターにも負けないほどだ。
ミル

無課金モンスターで回復ドロップを生成できる優秀なモンスターは少ない。
そのため、回復の欠損防止として、ミル2体目もサブとして選択肢に入ってくる。
元々の高いスペックがあるため、複数体編成といえど、パーティーの足を引っ張ることはない。
なお、複数体編成する時は、究極ミルでも十分な性能を持っているので、超究極は余裕ができた時にしよう。
イーリア

2体攻撃2個を持った貴重な無課金モンスターサブその2。そしてこちらも超究極ミルの進化素材。
ヴァーチェと比べると、光ドロップ強化がない代わりに、スキルブーストなどのサポート面に強く、スキルも2ターン重くなるがヘイストがついている。
極限ゴッドラッシュを安定周回できる人は、比較的簡単にスキル上げができるので、育てておいて損はない。
レモンドラゴン

イベントなどでまれに無料でゲットできるフルーツドラゴンシリーズ。
レモンドラゴンは光ドロップ強化に加え、属性強化、スキルブーストも2個ずつ持っており、属性強化中心の変成では優秀な覚醒を持っている。
スキルも6ターンの回復変換なので、ミルのリーダースキルとマッチしている。
ただし、ステータスが貧弱なので、複数体の編成は少し厳しい。
(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sakini/24312