不倫

恋の悩みほど甘いものはなく、

恋の嘆きほど楽しいものはなく、

恋の苦しみほど嬉しいものはなく、片仔廣

恋に苦しむほど幸福なことはない。

アルント

「不倫に悩み苦しんでいる友達へ」

生物学的に 言っても、人間の恋愛感情の持続力は、せいぜい、3年から4年程度。

どんなに大恋愛をしたとしても、
熱く思い合える時期は、こんなものらしい。

ならば、結婚をして 20年30年経った夫婦が、死ぬまでその相手ひとすじ
という考え方自体に無理がある。

とすれば、

たとえ、浮気や不倫だとしても、人間であれば、他に目が行くというのは、ごく普通の感情なのだと思う。

ただ、現代の日本では、『一夫一婦制』という 縛りがあるだけだ。

不倫は法的には犯罪でなく刑罰もない。

しかし、民法第719条、共同不法行為者の責任、民法770条、不貞行為の民法違反には なる。

パートナーを 裏切った、傷付けた代償として、当然ながら、慰謝料や損害賠償を請求される場合もあると言うことを忘れてはならない。

それさえ 理解し、大人としての自己責任が負えるなら

あるいは、お互いに割りきり、不倫に溺れない威哥王

秘密は墓場まで持っていく!という覚悟で望めるなら。。。

その方が、人間として自然だし、無理がない。

キュウリの生ハムロール

簡単に作れるオードブル。白ワインにあわせました。とても簡単。すぐに作れるところがいいんですよね。

材 料(2人分)淫インモラル

キュウリ 1本
生ハム 100g
マヨネーズ 大さじ2杯くらい
胡椒 少々

1.生ハムは切れ端で十分です。キュウリは5cmくらいに切り、縦に4等分します。

2.お手伝いポイント生ハムでキュウリを巻きます。切れ端でも、生ハムはもっちりしているので上手にまけますよ。

3.器に盛り付けて、マヨネーズをかけて胡椒を振ります。淫インモラル

白ワインにあわせるのに作りました。とても簡単ですぐに出来ました。

花さん、オススメの本ある?

「花さん、オススメの本ある?」

ここのところ
活字離れしているけれど、
数年前に久々に
涙を伴った1冊を伝えた。

「『ツナグ』って読んだ?」

「僕も気になっていて。映画行こうかと思って、そのままでした。さっそく読んでみますね!」→その日の仕事帰りに買って読んでくれました。

そんな本を通したキッカケから。
さらに辿るなら、そこには重松清さんを介しているのですが。

「『ツナグ』ってさ、ほら‥最近似たような映画ない?」

「『想いのこし』ですね♪」

そんな風に、
トントン会話が進むのが楽しくて。

「観に行こっか?」

打てば響く。
響きもちゃんと、
共鳴する。

観ながらどんな
新しい響きが生まれるか?

鑑賞後の会話にも、
興味がある。

『想いのこし』観てきます。

淫インモラル
妖姫

「世界のトヨタ」が人気AV女優とコラボ 「英断」「快挙!」「第2の飯島愛か」の声

トヨタの「GAZOO.com」に登場したのは、人気AV女優の紗倉まなさん(21)。高等専門学校の土木科出身という理系女子で、趣味は工場ウオッチング。アイドル的なルックスで大人気となり、2013年にAVスカパー! アダルト放送大賞の新人女優賞とFLASH賞を受賞。14年初めにはTBS系の深夜ドラマ「闇金ウシジマくん Season2」に出演するなど、AV以外の女優業でも活躍。複数のコラムを連載し、絵を描くという多彩な才能の持ち主でもあるようだ。

 そんな紗倉さんが「GAZOO.com」で、「紗倉まなの クルマと私のイイ関係」(2014年9月19日~10月31日、4回連載)を執筆。自身とクルマとの関わりについて語った。

 高専時代から化粧や洋服よりもバイクとクルマに興味があった、というほどのクルマ好き。コラムでは「18歳になって免許を取り、始めに乗った車が、両親も愛用していた青色のFitでした。燃費もいいし、運転もしやすい快適な車でしたが、それでも私の中ではちょっとした不満が......。というのも、私が好きなのはごつごつした『四駆車』なのです」と明かし、「たとえばディフェンダー、CR-V、TOYOTAのFJクルーザーのような、華奢でポップなクルマとは縁遠い『イカツイクルマ』がタイプ」とも書いている。

 「ひとりドライブのすゝめ」や「理想のドライブデート」などの内容は、彼女のファンならずとも若者の心をくすぐる。

 とはいえ、世間体を気にしてイメージづくりには神経をすり減らしている上場企業が、ネガティブなイメージがあるAV女優を起用したケースは異例だろう。

 紗倉さんの起用について、トヨタは「紗倉さんはいわゆる理系女子で、クルマ好き、ドライブ好きで知られ、その点がクルマ好きが集まるGAZOOにマッチしています。また、執筆活動やテレビ番組への出演などタレントとしての活動も幅広く、そういったバックグラウンドのある方ですから、クルマファンとしてトライアルでコラムの執筆をお願いしました」と説明する。

 AV女優であることは気にならなかったのか、聞くと「クルマ好きのタレントとして選んだので、特定の職業にとらわれることはありませんし、とくに気になりませんでした」と話す。
ここから本文です

日亜を再び怒らせたノーベル賞中村氏の“一言”…和解提案を冷淡拒否

ノーベル物理学賞の受賞が決まった米カリフォルニア大サンタバーバラ校(UCSB)の中村修二教授と、青色LED(発光ダイオード)を巡る訴訟を争った元勤務先の日亜化学工業(徳島県阿南市)の確執が“第2幕”に入っている。中村氏は受賞を機に「けんかしたまま死にたくない」と和解を呼びかけ、共同研究の可能性にも言及。だが、日亜側は面会さえも拒み、態度を硬化させたままだ。発端は中村氏が11月3日、文化勲章親授式後の記者会見で、「お互い誤解していた過去は忘れましょう」と提案したことだ。

 これに対して日亜は翌4日、「歴代社長や会社への深い感謝を公の場で述べておられ、弊社といたしましては、それで十分」とコメントし、冷淡な対応に波紋が広がった。

 日亜化学の“拒否”の姿勢にはさまざまな見方があるが、ノーベル賞受賞後の記者会見で中村教授が日亜化学などを想定し「怒りがすべてのモチベーションだった」と発言したことが、態度を一層硬化させたとの指摘もある。

 昭和54年に日亜に入社した中村氏は、実用に耐える技術が「20世紀中の実現は困難」と言われていた青色LEDを開発を直訴。平成5年に製品化に世界で初めて成功したが、それを支えたのが日亜の創業者、故小川信雄氏だ。

 信雄氏の長男、雅照氏は、「父は開明的で、1番が好きな人だったから世界初の製品化を応援していたし、それに成功した『中村くんはすごい』と褒めてまわっていた」と振り返る。

 だが、信雄氏が平成元年に会社を去り、長女の婿養子の英治氏が社長に就くと状況が一変。英治氏の下で、「実力があって目立つ存在の中村氏は冷遇されていたようだ」

 結果、中村氏は11年に退社して渡米。日亜は12年に中村氏を特許権侵害として提訴する一方で、中村氏も青色LEDの製品化に対する成果報酬20億円を求める訴訟を起こして「言い争うばかりの最悪の関係」に陥った。