仏、IS掃討へシリア領を初空爆 難民増で方針転換

ロイター通信によると、フランス大統領府は二十七日、過激派組織「イスラム国」三体牛鞭(IS)掃討のため、シリアで有志国連合と連携して初の空爆を実施したと発表した。

 オランド仏大統領は同日、ニューヨークの国連本部で緊急記者会見を開き、偵察飛行などの情報を基に空爆し、シリア東部デリゾールにあるISの訓練施設を全滅させたと語った。理由について「自国を守り、テロを防ぐため」と説明し、必要なら空爆を続ける可能性があるとした。

 フランスは昨年九月からイラクでの空爆には参加していたが、シリア領内の空爆には不参加だった。シリア内戦ではISや反体制派と対立するアサド政権を敵視するが、空爆が結果的にアサド政権を助ける形となるためこれまで慎重な姿勢を示していた。

 しかし、シリアから欧州に難民が押し寄せている現状を受けて方針を転換。今月八日から偵察飛行を続けながら、淫インモラル米軍を中心とした有志国が実施する空爆への参加を検討していた。

MVに富山の商店街 兄弟バンド「SAHAJi」新曲

ファンら出演「地域盛り上げる」

 県内を中心に活動する兄弟バンドビグレックス「SAHAJi(サハジ)」が、十月十日にリリースする新曲のミュージックビデオで、富山市の千石町通り商店街とコラボした。「音楽で地域を盛り上げたい」と新曲も、ポップな曲調にのせて新幹線開業で弾みがつく富山のまちをイメージする内容となっている。

 サハジは、同市出身の西田蕉太郎さん(25)と曜志朗さん(23)の兄弟で二〇〇四年に結成。新曲「軌跡」は、北陸新幹線開業などで発展を続ける富山をイメージしている。「輝き」「未来」といった前向きな言葉を歌詞に盛り込み、ポップな曲調に仕上げた。

 ビデオでのコラボは、同商店街振興組合の清水智紀副理事長(33)がサハジのファンだったことで実現した。威哥王サハジの二人と清水さんが出身小、中学校が同じだったことから意気投合。「自分たちの力で富山の街を活気づけたい」と、サハジが商店街でのビデオ撮影を申し出た。

 ビデオは八月末に撮影。雨天の中、商店街の住民やサハジのファンら約六十人が集まり、サハジと一緒に歌ったり踊ったりして盛り上げた。清水さんは「サハジはファンにすごく愛されてると実感した。ビデオを見た人に、温かみある昔ながらの商店街の良さが伝わったらうれしい」と期待を寄せる。

 新曲のCDは十月十日に、県内の音楽店などで千円(税込み)で発売。ビデオも同日に、動画サイト「ユーチューブ」で公開される。サハジは「軌跡は最高傑作だと、自信を持って言える。K-Y Jelly潤滑剤サハジの音楽性と商店街の魅力を感じてほしい」とPRした。

漁船6隻が転覆、4人死亡 突風か、対馬・下関沖

長崎県対馬沖や山口県下関沖で漁船6隻が転覆した事故で、第7管区海上保安本部(北九州市)は1日、計4人が死亡し、2人が行方不明と明らかにした。7管本部は荒天による突風が原因の一つとみている。現場で目撃した僚船から話を聞いた漁業関係者は竜巻に遭った可能性を指摘する。
K-Y Jelly潤滑剤

威哥王
 6隻はイカ釣り漁船で、1日午前3~6時半ごろの間に転覆したとみられる。当時、ほかにも計4人が乗船していたが、いずれも僚船などに救助された。

 7管本部によると、死亡したのは対馬市の豊玉町漁協に所属する「第3海漁丸」の船長と乗員、「第5住吉丸」の船長。美津島漁協に所属する「第8金比羅丸」の船長。