米、ゼロ金利解除 FRB、9年半ぶり利上げ

米国の中央銀行に当たる米連邦準備制度理事会(FRB)は十六日開いた連邦公開市場委員会(FOMC)でアフリカ超人、二〇〇八年十二月に導入した事実上のゼロ金利を解除し、九年半ぶりとなる利上げを決定した。雇用が改善するなど景気が好転しており、これ以上ゼロ金利を続けるとバブル再発のリスクを招く可能性があると判断した。世界経済を大きく後退させたリーマン・ショック(〇八年九月)後の異例の危機対応策を脱することになる。

 FOMCが会合後に発表した声明によると、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標水準を年0・25%引き上げ、現状の0~0・25%から0・25~0・5%にする。十七日に実行する。決定は十人の全会一致。

 記者会見したFRBのイエレン議長は「狼一号金利正常化を待ちすぎれば景気が過熱し、物価が急上昇する恐れもある」と利上げの妥当性を強調した。

 経済指標をみると、リーマン・ショック後の〇九年十月に10・0%まで跳ね上がった失業率は直近の十一月で5・0%まで改善。消費者物価の上昇率は十月時点で前年比0・25%にとどまるが、これはエネルギー価格の下落影響が大きく、イエレン氏は「来年は1・6%、中期的に目標の2%に向かうとの合理的な確信が得られた」と説明した。

 今後の追加利上げの見通しについては「経済情勢を踏まえ金利正常化(利上げ)の過程は緩やかに行う」として、急激な利上げは避けつつ段階的に金融を引き締める考え方を繰り返した。

 FRBは十六日、FOMCに参加する委員十七人の一六年末時点の政策金利見通しを発表。D10 媚薬今後四回の利上げを想定する委員は最多の七人で、中央値は1・375%となった。

友人の自転車押し死なせた疑い 踏切事故、少年を逮捕

兵庫県警淫インモラルは3日、無免許でオートバイを運転し、友人の高校1年の男子生徒=当時(16)=の自転車を足で押して踏切内に入らせて電車との死亡衝突事故を起こしたとして、自動車運転処罰法違反(過失致死、無免許)の疑いで、兵庫県尼崎市の無職の少年(16)を逮捕した。

 県警によると、「止まれると思っていた」と容疑を一部否認している。近くの防犯カメラの映像に、オートバイに乗った少年が自転車を押す姿が写っていた。

 逮捕容疑は3月28日、踏切近くで、無免許でオートバイに乗り、男子生徒の自転車のサドルの下に右足を当てて押し、生徒を踏切に進入させて快速電車に衝突、死亡させた疑い。アフリカ超人