バレンタインデー

いまさらバレンタインデーネタですが。

バレンタインデーが近づいてくるとダークな日記を書かなくちゃならない、みたいな安易な風潮が蔓延しているようです。

愛を信じている俺にとって、バレンタインデーはかけがえのない一日である。

女が男に愛を告白する聖なる日。
巨人倍増
比較行動学的に考えれば単なる「繁殖のチャンス」だが、人類にとって繁殖は文化でありロマンなのだ。

ただ、愛を「形」として示すにはチョコレートに何らかの工夫を施さなくてはいけない。

愛のかけがえのなさを示すためには「お金で買えないもの」という付加価値が必要なのである。

かといって「手作りチョコ」の類がダメなことは論を待たない。

材料がお金で買えるんだから。

そこで参考にすべきは、イタリアのカーニバルで供される「サングイナッチョ」なるチョコレート料理である。

溶かしたチョコレートに豚の血とシナモン蟻力神を加えて食べるという素敵な一品。

ここにバレンタインチョコのヒントが隠されているのではないだろうか。

愛といえば性○。

つまり、己の女性○からしたたり落ちるどす黒い○血をチョコレートに混ぜ込んでプレゼントするのだ。

臭いが気になるならシナモンを増量してごまかすがいい。

こうすることによって、お金では買うことのできない、かけがえのない「自分の一部」を愛しの人の口に入れることができるのである。

おまけに翌月はホワイトデー。

「ホワイト」チョコに男性がこっそり紅蜘蛛注入すべき液体はいわずもがなである。

こんなバレンタインデーなら俺も猛烈に燃える。

いくら燃えたところで「一人たき火」であることはこの際考えない。

うおー、ホワイトチョコ作りてー。

バレンタイン万歳! 

愛を信じますぞ! 

気持ち悪いですか!

…というわけで、チョコレートに○血まぜたり男のアレを垂らしたり。

気がつけば、本来の目的であるはずの生殖行為からどんどん遠ざかっている。

やっぱり生殖は文化だなあと思う。

動物たちはこんなメンドクサイことしませんよ。

まったく。催情剤

ずれ

毎度皆さんの日記を新着順に楽しく拝見させて貰っていますが、
やっぱり、なにか自分の書いてる日記と違うな~という感じです。
媚薬販売店: http://xn--6qs71bt6fn47cukh.com
恋愛関連というよりも人付き合いから一歩以上引きすぎてる。
そんな感じがします。
登場人物が極端に少ないですいし、絡みも少ないです。
没個人的な日記になってるなと理解しました。
つまり日常も……(お察しください)

まず人との差異を認めることが大事です。
その上で差異を埋める事に努力するか?
そこだと思います。levitra

うーむ、間接的に色々と避ける要因があるので、
まずはそこからですね。

長い間着手できていない部屋の根本整理。
これが癌です。
がんばってやろう。えいえいおー。

ここでくじけるからいけないんだよな。トホホ。 媚薬販売店

カリアゲとアヤ

那覇空港から羽田に降り立ち、カリアゲは田園都市線に乗っていた。

『いつぶりだろう』

初めて行った日もとても暑い夏の日だった。アブラゼミの声と、丸いバタフライテーブル。風鈴はその役割をすっかり忘れ、自身にうつる夕陽を楽しんでいた。扇風機はというと、ぶつぶつ文句を言いながらも右へ左へ懸命に首を振っていた。

『君は運がいい。俺はナポリタンを滅多に作らないんだぜ』

アヤの父はくわえ煙草でフライパンをガタガタさせている。よほど手慣れているのだろう。下ごしらえから、パスタを茹で、トマトソースの投入まで、一連の動作はノンフィクションであるにもかかわらず、名のある脚本家が思い描いたかのように進んでいく。

『あれ来る人みんなに言うのよね』

眩しいくらいにこにこしながらアヤが言った。

実際にアヤは眩しかった。初めて会った日、カリアゲは一瞬で恋に落ちた。可愛らしい、でもない。美しい、でもない。眩しい、というのが適切だった。カリアゲは自分がこの世に生まれ落ちた事を心から感謝した。これまで生きてきてよかったと、心底思った。と、同時に釣り合わない自分を嘆いたが、それでもお釣りがくるくらい、アヤはすっかり眩しかった。

珈琲を愛し、煙草をふかす。パスタの好みはミートソースとナポリタンで分かれたが、カリアゲとアヤの父はすっかり意気投合した。

『麻雀はやるのか?』

大学に入ってから悪友に恵まれたカリアゲは、毎晩のようにジャラジャラ騒音とプカプカ煙害を世界へまき散らしている。

『おいアヤ!いいの見つけてきたな!』

結局あの日が最初で最期だった。3年半後に肺癌を発症したアヤの父は、それから5ヶ月たらずでこの世を去った。

夏が去り、冬を越えて春の初めにアヤとは離ればなれになった。若い二人に700kmは遠すぎた。今となっては大した問題ではなかったのに、カリタゲはその手を離してしまった。

巨人倍増
堕胎薬
精力剤通販

南米に行った気分で♪

昨夜は、大阪長居スタジアムで行われたクラブワールドカップ5位決定戦&準決勝を観に行ってました。

ボクはJR鶴ヶ丘からスタジアムに向かいましたが、天王寺駅からすでに電車はリーベルサポーターにジャックされてる感じでした(笑)
天王寺駅のホームでチャントを大合唱していたら、警備員にオッチャンに日本語で怒られてるサポーターたちの姿が可笑しかった(笑)

電車が動けばこちらのもん、って感じで動き出した車内はリーベル一色。
でも、警備員さんの「しー!(静かに)」っていうのが、彼らには面白かったみたいで、次の駅で電車が停まる度に皆で「し~!」ってやってました。
そして、また電車が動き出したらチャントの大合唱!
彼らなりに一応はわきまえたつもりでしょうか(笑)

JR鶴ヶ丘駅で下車してからは、もうスタジアムまで歌いっぱなし。

で、ボクもリーベルのユニフォームを着て行ったんですが、駅からスタジアムへの道中では、ボクの存在にも気付きはじめたリーベルサポーターから、写真や動画の撮影の対象になりまくってました。
とにかくアルゼンチン人に囲まれること(笑)

そして、スタジアムに入って5位決定戦を観戦後、準決勝になったわけですが、気が付けばどんどん増えるリーベルサポーター。
準決勝は約2万人の観客が入りましたが、おそらくアルゼンチン人:日本人&その他だと、感覚的には8:2か7:3くらいの比率でした。
スタジアムの中も外も、すっかりリーベルのホームになっていて、日本の大阪で開催していることを忘れそうな勢い。

試合後も決勝進出を決めて上機嫌なサポーターたちとの交流は続きます。
帰りはスタジアム近くで食事をしてから帰路につきましたが、JR阪和線はまだリーベルサポーターのジャック状態で、彼らの歌声が響き渡り、車両は揺れていました(笑)

最後はその車内で、ボクがスタジアムの大会オフィシャルショップで買った、リーベルの限定タオルマフラーが欲しいとせがまれて、そのサポーターが持ってきていたグッズと物々交換しました。
大会記念グッズもいいけど、こっちのほうが思い出に残っていいな、なんて思ってます♪

学生時代のサッカー部のコーチが南米人で、現地に遠征に行ったこともあるので、久しぶりに南米の空気を吸ったような気分になれて楽しい一夜でした♪

Levitra
媚薬販売店
催情粉