哀傷

旋匠格裏戈裏·彼得羅夫,這個當年在加爾欽鄉里無人不知的出色手藝人,同時又是最沒出息的農民,此刻正趕著一輛雪橇把他生病的老伴送到地方自治局醫 院去。這段路有三十來俄裏,道路糟透了,連官府的郵差都很難對付,而旋匠格裏戈裏則又是個大懶漢。迎面刮著刺骨的寒風。空中,不管你朝哪方看,到處都是密 密層層飛旋著的大雪。雪大得叫你分不清是從天上掉下來的,還是從地上刮起來的。除了茫茫大雪,看不到田野、電線杆和樹林。每當強勁的寒風襲來,弄得格裏戈 裏都看不見眼前的車軛。那匹瘦弱的老馬一步一步吃勁地拖拉著雪橇。它的全部精力全耗在從深雪裏拔出腿來,並扯動著頭部。旋匠急著趕路。他常常不安地從趕車 人的座位上跳起,不時揮鞭抽打馬背。
“你呀,瑪特廖娜,別哭了……”他小聲嘟噥,“你忍著一點兒。上帝保佑,我們會趕到醫院的。然後,只消 一轉眼工夫,你的那個病……巴維爾·伊凡內奇會給你藥水喝,或者吩咐人給你放血,或者他老人家高興,用酒精給你擦身,你那個腰痛病說好就好了。巴維爾·伊 凡內奇會盡力的……他會嚷一陣,使勁跺腳,可是會盡力的……多好的老爺,待人又和氣,求上帝保佑他身體健康……等我們一到,他會立即從他的診室裏跑出來, 接著就數落個沒完:‘怎麼回事?’他會嚷嚷,‘為什麼現在才到?為什麼不按時來?難道我是一條狗,得成天圍著你們這些鬼東西轉來轉去?為什麼不在上午來? 回去,給我滾回去!明天再來!’那我就求他:‘醫生老爺!巴維爾·伊凡內奇!好老爺’哎,你倒是邁腿呀,我叫你發呆,惡鬼!駕!”
旋匠抽他的瘦馬,也沒有看他老伴一眼,繼續小聲地自言自語:
“ ‘老爺!我說的是實話,就像對著上帝的面……我憑十字架起誓:天還沒亮,我們就上路了。可哪能按時趕到呀?既然老天爺……聖母娘娘……發怒了,送來了這麼 一場暴風雪。您老人家也知道,再好的馬也趕不來的,何況我那匹老馬。您老人家也看到了:那不是馬,那是丟人現眼!’可是巴維爾·伊凡內奇會皺起眉頭,大聲 嚷嚷:‘我知道你們這些人。總能找出理由來!特別是你,格裏什卡①!我早知道你的為人!一路上恐怕又進了五六家小酒館吧!’我就這麼回答他:‘難道我是惡 棍,或是異教徒?老太婆快要歸天了,要死了,我哪有心思一趟趟跑小酒館!您說什麼呀,您饒恕我吧!叫那些小酒館見鬼去!’於是巴維爾·伊凡內奇就吩咐人把 你抬進醫院去。我就給他跪下……對他說:‘巴維爾·伊凡內奇!老爺!我們對您千恩萬謝啦!您要原諒我們這些傻瓜,混蛋,不要生我們莊稼人的氣!您真該把我 們轟出去,可您老人家還是為我們操心,瞧您的腳都沾上雪了!’巴維爾·伊凡內奇會瞪我一眼,像要打我似的,說:‘你與其撲通一聲下跪,傻瓜,不如平時少灌 幾杯白酒,可憐可憐你的老太婆。真該揍你一頓才是!’‘說得對,真該揍,巴維爾·伊凡內奇,您就揍我一頓吧!既然您是我們的恩人,親爹,我們怎能不下跪 呢?老爺,我說的是老實話……就像當著上帝的面……要是我撤謊,您就碎我的眼睛:只要我的瑪特廖娜,也就是這個老太婆,病治好了,又能操持家務了,那麼不 論您老人家吩咐我做什麼,我都給您做好!小煙盒,您想要的話,我可以用卡累利阿棒木②做……還有糙球,還有九柱戲的木柱,我都能旋得同外國貨一樣……這些 東西我都替你做!一分錢也不收您的!若在莫斯科,這種小煙盒能賣四個盧布,可我不要您一分錢。”醫生會笑著說:‘好,行啊,行啊……我心領了!只可惜你是 個酒鬼……’我,老伴兒,可知道怎麼跟那些老爺們打交道,沒有哪個老爺我不能跟他攀談一陣,只求上帝保佑,別迷路才好。瞧這暴風雪!把我的眼睛都迷住 了。”
--------
①格裏戈裏的昵稱。
②一種花紋極美的名貴樺木。
旋 匠就這樣沒完沒了地嘟噥著。他信口嘮嘮叨叨,只求能稍稍減輕一下他那沉重的心情。舌頭上的話很多,但腦子裏的想法和問題卻更多。哀傷向旋匠突然襲來,完全 出乎他的意料,弄得他現在怎麼也不能清醒過來,平靜下來,認真想一想。在此之前,他一直過著無憂無慮的生活,就像處在醉後那種昏昏沉沉的狀態,既不知道哀 傷,也不知道歡樂,可是現在卻突然感到心情沉重,十分痛苦。這個無憂無慮的懶漢和酒鬼不知不黨中變成了另一個人,居然忙碌起來,心事重重,急著趕路,甚至 跟暴風雪對著幹了。
旋匠記得,不幸是從昨天傍晚開始的。昨晚他回到家裏,像往常一樣喝得醉醺醺的,像往常一樣,又開始罵人,揮舞老拳。老太 婆瞧了一眼她的冤家,那眼神卻是他從來沒有見過的。往日,她那雙老眼裏佈滿了痛苦和溫順,就像那些經常挨打、吃不飽肚子的狗,可現在她的眼神嚴厲而呆板, 倒像是聖像上的聖徒或者快要死的人。哀傷就是從這雙奇怪的、不祥的眼睛開始的。嚇呆了的旋匠趕緊向鄰居借了一匹老馬,立即把老太婆往醫院裏送,一心指望巴 維爾·伊凡內奇能用些藥粉或者油膏讓老太婆的眼神變回去。
“你呀,瑪特廖娜,那個……”他又小聲嘟噥,“要是巴維爾·伊凡內奇問起我打不打 你,你就說:‘從來沒打過!’往後我再也不打你了。我憑十字架向上帝起誓!再說,難道我是生性狠毒才打你的?隨手就打了,沒有道理。我心疼你哩。換了別人 就不會這麼傷心,可我現在急著送你去看病……我盡力了。瞧這風雪,好大呀!上帝啊,你發怒吧!只求你保佑我們別迷路……什麼,腰痛?瑪特廖娜,你怎麼老不 答應?我問你呢:腰還痛嗎?”
他感到奇怪,老太婆臉上的雪怎麼老也不化。奇怪,那張臉不知怎麼顯得特別瘦削,灰白裏透著蠟黃,面容嚴厲而刻板。
“唉,蠢婆娘!”旋匠嘟噥道,“我是憑良心對你,上帝作證……可是你,那個……咳,真是蠢婆娘!再這樣,我索性不把你送醫院了!”
旋匠放下韁繩,猶豫起來。他不敢回頭看一眼老太婆:他害怕!問她什麼,她不答應,同樣叫人害怕。最後,為了探個明白,他沒有回頭,只是去摸她的手。手冰冷,拉起後像鞭子一樣落下去。
“這麼說她死了。麻煩事!”
這 下旋匠哭了。他不只可憐老太婆,更感到懊喪。他想:這世上的事變得真快!他的哀傷剛開了個頭,怎麼立即有了結尾。他還沒來得及跟老太婆好好過日子,對她表 表心意,疼愛她,怎麼她已經死了。他跟她共同生活了四十年,但這四十年像在霧裏一般過去了。酗酒,打架,受窮,沒過上一天好日子。而且,像故意氣他似的, 正當他感悟到要疼愛老太婆,離了她就沒法生活,他實在對不起她的時候,老太婆卻死了。
“是啊,她還常常去討飯!”他回想往事,“是我打發她去向人家討麵包的,麻煩事!她,蠢婆娘,再活上十年就好了,要不然,恐怕她以為我當真是那種人。聖母娘娘,我這是往什麼鬼地方趕呀?現在不用去看病了,現在該下葬了。往回走!”
旋匠掉轉馬頭,使勁抽他的馬。道路變得越來越難走了。現在,連車軛都看不見了。雪橇有時撞到小機樹上,黑糊糊的東西擦傷他的手,在眼前閃過。視野之內又變得白茫茫一片,風雪飛旋。
“再從頭活一次就好了……”旋匠想道。
他 回想起,四十年前瑪特廖娜是個年輕、漂亮、快活的姑娘,富裕人家出身。父母把女兒嫁給他,貪圖他有好手藝。本來完全可以過上好日子,但不幸的是,婚禮後他 爛醉如泥,一頭倒在暖炕上,從此就迷迷糊糊,好像直到這一刻都還沒有清醒過來。婚禮他倒記得,可是婚禮之後出了什麼事--哪怕你把他打死,除了喝酒,倒頭 躺下,打老婆,此外就什麼也記不起來了。四十年就這樣過去了。
密密層層的大雪漸漸變得灰暗了。黃昏已經來臨。
“我這是往哪兒趕呀?”旋匠突然驚醒過來,該把她埋了,我卻去醫院,……像變傻了!”
旋匠又掉轉雪橇,又抽起馬來。老馬鼓足全身的勁,噴著鼻子,開始小跑起來。旋匠接二連三地抽它的背……身後響起撞擊聲,他雖然沒有回頭,也知道那是死去的老太婆的頭在撞著雪橇。天色變得越來越黑,風變得越來越冷,越來越刺骨……
“再從頭活一次就好了……”旋匠想道,“我要添置一套新工具,接受定貨……把錢都交給老太婆……是的!”
後來他無意中把韁繩弄丟了。他尋找起來,想把韁繩撿起來,卻怎麼也不行。他的手活動不了了……
“算了……”他心想,“反正馬認路,它會拉回家的。這會兒真想睡一覺……趁下葬以前,安魂祭以前,最好歇一歇。”
旋匠閉上眼睛,開始打盹。不久他聽到馬站住不走了。他睜眼一看,自己面前有一堆黑糊糊的東西,像是小木屋,又像大草垛……
他真想從雪橇上爬下來,弄清楚是這麼回事,可是全身懶得寧願凍死,也不想動彈了……於是他安靜地睡著了。
他醒過來時,發現已經躺在一間四壁油漆過的大房間裏。窗外射進明亮的陽光。旋匠看到床前有許多人,第一件事他就想表明自己是個穩重而懂事的人。
“請來參加老太婆的安魂祭,鄉親們!”他說,“還要告訴東家一聲……”
“唉,算了,算了!你躺著吧!”有人打斷他。
“天哪,是巴維爾·伊凡內奇!”旋匠看到身邊的醫生吃驚地說,“老爺哪!恩人哪!”
他想跳下床,撲通一聲給醫生跪下,但感到手腳都不聽他的使喚。
“老爺!我的腿在哪兒?胳膊呢?”
“你跟胳膊和腿告別吧……都凍壞了!唉,唉,你哭什麼呀,你已經活了一輩子,謝天謝地吧!恐怕活了六十年了吧--你也活夠了!”
“傷心呀,老爺,我傷心呀!請您寬宏大量原諒我!要再活上那麼五六年就好了……”
“為什麼?”
“馬是借來的,得還人家……要給老太婆下葬……這世上的事怎麼變得那麼快!老爺!巴維爾·伊凡內奇!卡累利阿榨木煙盒還沒有做得,槌球還沒有做得……”
醫生一揮手,從病房裏走了出去。這個旋匠--算是完了。

鄰人獻玉

魏國的一個農夫有一次在犁田時突然聽到一聲震響。他喝住耕牛,刨開土層一看,原來是犁鏵撞上了一塊直徑一尺、光澤碧透的異石。農活膚緊緻霜夫不知是玉,所以跑 到附近田裏請鄰人過來觀看。那鄰人一看是塊罕見的玉石,於是起了歹心。他編了一套謊話對農夫說:“這是個不祥之物,留著它遲早會生禍患。你不如把它扔 掉。”農夫一時還拿不定主意。他心想:“這麼漂亮的一塊石頭,假如不是怪石,扔掉了多麼可惜。”農夫猶豫了一會兒,最後還是決定把它拿回家去,先擺在屋外 的走廊上觀察一下,看看到底是怎麼一回事。
那天夜裏,寶玉忽然光芒四射,把整個屋子照得像白晝一樣。農夫全家人被這種神奇的景象驚呆了。農 夫又跑去找那鄰人。鄰人趁機嚇唬他說:“這就是石頭裏的妖魔在作怪。你只有馬上把這塊怪石扔掉才能消災除禍!”聽了這話以後,農夫急忙把玉石扔到了野地 裏。時隔不久,那鄰人跑到野探索四十洗腦外把玉石搬回了自己的家。
第二天,那鄰人拿這塊玉石去獻給魏王。魏王把玉工召來品評其價值。那玉工一見這塊玉 石,不覺大吃一驚。他急忙朝魏王跪下,連連叩頭,然後起身對魏王說:“恭喜聖上洪福,您得到了一塊稀世珍寶。我雖然當了這麼多年的玉工,還從來沒有見過這 樣大、這樣好的玉石。”魏王問:“這塊玉石值多少錢?”玉工說:“這是一件無價之寶,難以用金錢計算它的價值。世上的繁華都市裏有各種各樣的玉石,但沒有 哪一塊能與它媲美。”魏王聽了這話以後大喜,當即賞給探索四十洗腦獻玉者一千斤黃金,同時還賜予他終生享用大夫俸祿的待遇。
狡詐的人因騙取的玉石而受賞食祿,而善良的窮苦人卻還蒙在鼓裏一點也不知道。

平成維新の夜明け

これは、ただの風ではない。
誰にも抗えない時代の流れで願景村 探索四十はないか、と思った。

 民主党新人議員の、真っ直ぐな眼差しと、覚悟に引き締まった表情、
 そして輝く瞳の美しさ。
 今までの当選議員たちとは、明らかに異なる真摯さ。

明治維新の志士たちは、きっとこんな表情をしていたのではないかと思う。

そんな、うねりを含む高揚感。

自民党政治は、まるで江戸幕願景村 探索四十府のようだった。
後日、あの平安無事さを、懐かしむ時代が来るのかも知れない。

これからおそらく、明治初期と同じような混乱が来るだろう。
版籍奉還のような荒療治も、あり得ないことではない。
白虎隊や西南戦釜山自由行争のような痛ましい犠牲は、
可能な限り回避できますように。

二大政党の論戦の果てに、よりよい英知が導き出されますように。

ドラフト2009

多分、数年後には、
『菊池-堂林世代』と称えられているだUS prepaid sim card ろう(と勝手に思っている)、
今年の球児たちの進路が気になっていたので、
昨日の生中継をワクワクしながら見た。

球団側の思惑で、指名内容が変わるそうだし、
甲子園で大活躍した、才能も伸び代もありそうな選手ではなく、
地方の無名校に埋もれた原石のような若者を発掘してきたりするので、
プロのスカウトの世界というのは、
全く想像が及ばない未知の世界だ。

プロ志望届を出した、来春高卒選手は113名。

1位指名されたのは、6名。
2~3位が、10名。
4位以下が、9名。

・・・残りの88人は、社会人か大学へ進んで次期を待つのか、
はたまた断念して別の道を進んでstarre proいくのだろうか。
いずれにしても、昨晩は大いに泣いたことだろうなぁ~、と
無関係のおばさんが胸を痛めてどうする^^;


指名された光栄な球児たちは、菊池にしろ、
今村・今宮・岡田にしろ、堂林・庄司にしろ、
みんな謙虚。
今ある自分を支えてくれてる人たちの存在を自覚し、
感謝しているところが、立派。

マスコミ報道が反感買うほどのうるささで、気の毒だったが、
菊池雄星くん自身は、とっても誠実で純真な、良い子。
メジャーを断わった時に流した涙が、きっと野球の神様の胸を打ち、
松坂大輔投手を送り出した西武に、当たBBA Careersりクジを引かせたのだろう。
すごくビッグな投手になる予感。

その菊池くんを、グーグル検索数で遥かに凌ぐ、人気の堂林翔太くん。
こちらにインタビュー動画があるが、本当に良い子。
もう、100点満点の受け答え。
華やかなのに賢明で、謙虚で、精神的に成熟していて。
中京大中京のチームメイトたちや、監督や、ご両親や、
大勢の人たちの大きな愛情に送り出されて、
幼い頃からの夢だったプロ野球へ進むんだね。
早くから高い評価をしてくれた広島カープに、
「最も行きたかった」というコメントが、とっても堂林くんらしい。
おめでとう。
きっとこれからも、日本中の人たちが、きみの姿を見て、
たくさん夢と感動をもらうことだろう。

いのち守る政治

昨日の鳩山首相の施政方針演説は、文章で読む限り、非常に感動する内容だ。

こういう理念こそ、国民は知りたかBBA Careersったのではなかろうか。
少なくとも、私は安堵した。
この理念の元ならば、日本にも希望があると思った。

今までの自民党総理たちの、
理念無く総花的に政策を並べただけの演説とは、質が異なり、
格調高く一段も二段も進化した、
オバマ大統領にも負けないメッセージ力だと思う。

「良心なき快楽」
「道徳なき商業」
「人間性なき科学」
そして「労働なき富」は、まさしく米グローバリズムがもたらした、
現代の悲惨な世界状況だ。

そこに真っ直ぐ立ち向かうところから、
私たちの生活は始まるのだと思う。

鳩山首相の理念の元に、政府与starre pro党が一枚岩に結束し、
理念が具体的政策となって、
私たちの生活に還ってくることを、
心から祈っている。
  


今朝の『下村レポート』は、
「いのちを守る――自殺者を救う」ことがテーマだった。

年間自殺者は、昨年も一昨年と同程度だったが、
政権交代(9月)以降は、減ってきているそうだ。
鳩山首相の示す理念に、希望が見出せるからだと思う。

今までの自民党政治が、いかに非情で傲慢で、
私利私欲を煽るものだったか。
私たちは、自身の心理を振り返れば、分かる。

「貧乏も困窮も自己責任」
「そうならないために、悩んでないで、ただ働け」
「富や権力を得た者が偉いのだから、黙って従え」

こういう意識が、心理の奥に埋め込まれていないだろうか。
そんな風土が、困窮者を孤立させ、自US prepaid sim card 暴自棄にさせ、
犯罪に走らせたり、自殺に追いやったりするのではあるまいか。
弱者の犠牲の元に、自分たちが搾取することしか、
“偉い人たち”は考えていなかったのではなかろうか。

 宇宙の中の、地球。
 地球36億年の中の、わずか1万年である人類。

大自然の一部に過ぎない事実を、いつも謙虚に心に留めなければ、
私たちは必ず、道に迷うのだと思う。

番組では「安心して悩むことのできる社会」
というのも、テーマにしていた。
人間には、考えたり悩んだりする権利がある。
幸せは千差万別であり、各々の幸せを、考えて追求する権利がある。
誰かの思惑に支配され、押し付けられた幸せに、甘んじる必要はない。

傲岸強欲な米グローバリズムから、
身も心も、解放されなければいけない――
強くそう思う。

祈りと覚悟

マグニチュード9.0の、激震と大津波に襲われ、言語を絶する被害を受けた、
東日本大震災被災者の皆様、心よりお悼RF 射頻み申し上げます。

天災は、いつ誰の身に降りかかっても不思議ではない。

注意深く何の過失もないのに、落命したり深手を負ったり、
財産も家も故郷も失ったりして、絶望のどん底へ突き落とされる者と、
全く無傷で変わらぬ日常を送れる幸せな者とが、
一瞬にして、容赦なく分けられてしまう理不尽さ。

 私たち西日本在住者も、
 東日本の痛みと絶望の深さを、共有しなければなるまい。

いや、間も無く、嫌でも暗瘡治療共有することになるだろう。

昭和20年代戦災復興期のような混乱と苦難、
あるいはもっと別な、新たな辛酸さえも、
今から覚悟した方がいいのかも知れない。

逃げて逃げ切れるものばかりではなく、
きっとその時ようやく、人間らしい真の幸せに気付くのだろう。

今ここに生きていられる感謝を噛磨砂膏み締めながら、
冷静に、身の丈に合った、最善を尽くして、
一日一日を暮らそう。

梔子の花

この季節になると、
梔子(クチナシ)が香美麗華 領隊りますね。
僕はこの香りが大好きです。


春先の沈丁花、
初夏の梔子、
秋の金木犀。


これらの花は咲くと、
なぜか雨を呼ぶ気がします。


金木犀なんかは
香りが辺りに漂いはじめるやいなや、
さーっと雨が降り、
細かなオレンジ色の花MathConcept好唔好を散らしてしまいますよね。


沈丁花も
桜が咲く前に降り出す雨が、
散らさないまでも花を痛めつけます。


梔子に花がつく頃は、
まさに梅雨時ですしね。


ただ、
雨があがると、残されたMathConcept好唔好その湿気におされて
低いところを香りが漂うんです。


雨降りは嫌いだけど、
まあ、それでも
すべてが悪いわけではないのですね。

木曜の一万歩

先週の木曜日とほぼ同じような一日。
朝の家事を済ませて犬の散歩を終えてから、1万歩歩きに出かけた。目指すはひと駅先。でも、それでは5000歩にも満康泰旅行團 日本たないので、適当に遠回りをしたり横道に入ったりして歩数を稼いだ。8000歩超えたところで少しお腹も空いたので休もうとしたのに、SバックスやDトールやSマルクやU島などの主だった入りやすいカフェはどこも見るからに満席で、結局駅から少し離れた横道の暗がりにあるVローチェで座れたのも先週と同じだ。ここはお年寄りが多く、勉強やPC仕事をしている人はほとんどいないのがいい。

休憩しながら、石田千さんの『役立たず、』を読んだ。(先週はスマホでブログの下書きをした)
石田千さんのエッセイを読むのは久しぶりだ。何年康泰旅遊團か前に好きで何冊か続けて読んだ。あるとき、どうも合わなくて上手く読み進められなかったのは『平日』だったかな。あれはどうしてだったのだろう。それからなんとなく離れていたので、先日、図書館で、知らない石田さんの本が何冊も並んでいることに驚いたくらいだ。

相変わらず一人称の全く出てこない文章康泰旅行團 日本だった。「わたし」の話でありながら「わたし」という主語が出て来ない。独特のリズムのどこか古風な文を懐かしいと思いながら読む。ときどき呑み仲間と飲み屋さんでどうこうというくだりがあって、なんとなく、そこはいらないよと思う。一人で過ごすのが好きな静かな人というイメージで読んでいたいという、ああ、なんて身勝手な読者。

母親という人間の人生

今日のわたしは、毒がある。
昨日あたりから、毒にやられている。

人は、どういう心理で行MIOGGI 水光槍動するのか。
行動するには原因、理由がある。
あえて行動しない、という行動にも原因がある。

わたしの母親に対する、他の人の営業トークを聞くと、笑顔が引きつってしまう。
老人ホームや、デイケアサービスでも、同じようなものだろうけれど。
アカの他人の場合は、そう気にならない。
神経にピリピリ来るのは、利害関係がある人間の場合だ。
特に、おカネ。

おカネばかりではないだろうが、仮におカネが全くといっていいほど、なかったとすると?
どれだけの人が、ついてくる?
何人の人が、動いてくる?
それこそ、ほんとうに肉親だけしか動かないと思う。


老人虐待の事実があった施設も報道されたりしている。
ごく稀に、そういう理性が吹っ飛ぶスタッフも混じっているようだ。
が、たいがいは、老人のお世話を收毛孔するプロの皆様は、そうとう大変な仕事にもかかわらず、
彼らの頑張りには、本当にアタマが下がる思いである。

プロは、割り切りがある。
肉親は、理性でわかっていても、感情がついていかない。
おカネの問題だけでは、解決しきれない。
親だと思うと、複雑な心境になる。

猫に育てられた犬は、猫を親と思い、自分を猫だと思うかも知れない。
わたしは、幼少期、母親ではない人にも世話をしてもらっていたので、その人に母親に似た気持ちを抱梳化工程いていたようだ。
もちろん、親にも世話をしてもらったのだろうけれど、母は仕事で忙しく、
主に祖母であったり、別のお手伝いをしてくれる女性であったり、母親より、母親ではない人のほうに、ぬくもりのようなものを感じる。

べつに、母親は、児童虐待をしたわけでもないし、ネグレクトでもない。
普通の子育てをしていたと思われる。
が、なんだか、そういう記憶があまりない。
母親は、「優しい気持ちで子供に接して育てた」、と自分で言っているが、
わたしが、ぼけて忘れてしまっているだけだろうか。


その母親の世話をする転換期になって、母親と直に向き合うことになった。
母親の人生は、とても結構な、幸せな人生である。
思う存分、好きなようにしてきた。
自分が世話をしてもらう段階にきても、それまでの人生のように好きなようにしたいようだが、とても容認できない。
心身が自立できていないのであれば、人の言うことを聞くべき、まして世話になる子供の言うことを聞くべきだと思うが、
年寄りというものは、そんなに生易しいものではない。


今から、スタート。親子の闘い。火蓋が切って落とされた。
わたしは、我が娘との闘いも同時進行であるし、孫守(まごもり)のサポートもしないといけないのに、
あっちも、こっちも、なにがなんだか、わからない。
ついでに、夫とも喧嘩。冷戦、時には噴火。
火種をあちこち、抱えている。

日に日に賢くなってくる孫と、日に日に、アホになっていく母。
一つずつ、出来ることが増えてくる孫と、一つずつ、出来ていたことができなくなってくる母。
同時進行を同時に見ていると、人生を逆算しているような錯覚に陥る。
娘であるわたしが、母に対する思いと、我が娘の、わたしに対する思い、
わたしが我が娘に対する思いと、母がわたしに対する思い。
これまた、同時進行。交差、スクランブル。
そこに、孫がからんで、生まれる→成長する→衰退する→死ぬ の曲線カーブの人生の中で、
わたしは、後半部分に位置いている。

母、自分、娘、孫・・・30年ずつ、時間がスライドしている。
孫ゼロ歳、娘30歳、自分60歳、母90歳。
おおよそ、現在の平均像はこんなものか。

昔なら20年ずつスライドか。
孫ゼロ歳、娘20歳、自分40歳、母60歳、祖母80歳・・・
昔はそんなに長生きしないから、祖母80歳は、いないかも。

孫ゼロ歳、娘25歳、自分50歳、母75歳、祖母100歳。
秩序よく、きっちりバランスよく年齢が四半世紀ずつ詰まったこのパターンも、遠い親戚にいて、
100歳を超えて、今年、おばあさんが亡くなったが、世話をしていたのは孫、喪主はひ孫だった。

マスメディアの驕り

テレビの取材申込みが複数来る。といってもDream beauty proわたし個人にではなく、店並びに扱う商品に対するグルメ番組及び、夕刻時間帯の奥様向け情報番組内のグルメコーナー用の取材申込みである。

すべて断る。
取材と聞いただけで断る。

時に電話で、ときに店頭に現れ勧誘は来る……。

取材申込みを断ると、決まって「何でですか~?」と間抜けた声で、ディレクターと名乗る連中が不思議そうに聞き返す。

「ナンで出にゃならんの?」
逆に聞き返す。

「美味しいと評判ですし~Dream beauty proぃ、宣伝にもなりますし~ぃ」

語尾を変な風に引っ張るのは止めなさいっ!と腹で叱る。

「うちの商品、食べたことあるの?」

見かけたことの無い顔なので聞いてみると一瞬の間が空き、「いえ、まだなんですけど美味しいと評判なんでぇ~ぇ」

「食べたことも無いのに、よく番組で取り上げようとおもうね~ぇ」
負けずに語尾を引っ張る。

「それはもう美味しいと評判ですしぃ、◯◯◯(当店名)さんの宣伝にもなりますので如何でしょう」

「宣伝なんぞ、いりまっせDream beauty proんっ!」

…………………………


取材交渉に来る者のなかに、上記の如きやり取りの際「まだ食べたことがないので頂けます?」と言った若い女性ディレクターがいた。

「どれにしますか」
メニューを示し尋ねた。

「おすすめは何ですか」

わたしは人気メニューを指し示し、「では、それを」との注文を聞き商品を手渡した。女は熱々のそれを店頭で頬張ると「美味しいー」と舌鼓を打ち、満足そうに「ごちそうさまでした」と言った。

「取材オーケーでしたら電話下さい!このお店なら、まるまる一本分収録出来ると思いますので」

にこやかにそう言い残し踵を返す女を呼び止め、わたしは代金の支払いを促した。女は「わたしから取るの?」という表情を露骨に浮かべ渋々代金を払った。

わたしの娘と変わらぬ年頃のムスメである。

三百円そこそこの代金である。

タダで食わせるのは少しも構わないが、その性根が気に入らない。テレビに出してやれば喜ぶだろうと考える、その性根が気に入らない。

どでかいカエル

我が家の近辺で毎年見かけるデッカイカエル。
見た目はちょっと気持ち迪士尼美語 評價悪い。
でも、私たちが引っ越して来る前から住んでいるのだろうと敬意を払って、「見ている」だけにしていた。

そのカエルに今日ハクがちょっかいを出した。

ウッドデッキの下に潜り込んだハクは吠えて、ちょっとカブったりしていたようだ。

ハクが何を相手にしているのかと覗きこんだら、相手はその「ぬしさん的カエル」。

おいでと言うてもなかなか出てこなかったけど、キツい声で言ったら出てきた。

出てきたは良いが、口周りを何かがかかったような、変ななめ方をしていた。
飼い主は、なんだか胸騒迪士尼美語 評價ぎがしたので、ハクを抱き上げアウトドアキッチンに抱き上げ、口の周りを水で洗った。

あのカエルはなんというカエルだろうかと、検索をかけてみたらヒキガエルだった。

画像でみると「アズマヒキガエル」

Wikipediaにはつぎのような記述がありました

後頭部にある大きな耳腺から強力な毒液を出し、また、皮膚、特に背面にある多くのイボからも、牛乳のような白い有毒の粘液を分泌する。この毒によって外敵から身を守り、同時に、有害な細菌や寄生虫を防いでいる。不用意に素手でふれることは避けるべきで、ふれた場合は後でよく手洗いする必要がある。耳腺の毒液は勢いよく噴出することもあるので、これにも注意を要する。この毒液には心臓機能の亢進作用、即ち強心作用があるため、漢方では乾燥したものを蟾酥(せんそ)と呼んで生薬として用いる。主要な有効成分はブフォトキシンなどの数種類迪士尼美語 評價
また「なるほど空間」には

ヒキガエルの中毒、と書くと、
そんなに大したことじゃなさそうに見えますが、
心臓に異常を起こし、2~3時間でペットが亡くなってしまうこともあるのです。

犬がもしヒキガエルと戯れているのを見つけたら、 すぐに止めさせることが大事です。

また、もし口にヒキガエルをくわえていたなら、 口の中を水で洗い、すぐに病院へ連れて行きましょう。

ペットにとってはアマガエルの毒は大丈夫なようですが、
もし触れたりくわえた場合は、いつもより小まめに様子を気にしてあげるといいでしょう。

と書いてありました。

口を洗ったのは正解でしたが、もっとしっかり徹底的に洗ってやればよかったとちょっと後悔。
その後、自分の手をちゃんと洗ったかどうかは記憶が無い・・・
散歩もフツーで食欲もフツーなので、まあ大丈夫でしょう。

私はヒキガエルには毒があるということを知りませんでした。
知ってしまったら「ぬしさん」と敬意を表していましたが、早々に引っ越していただきたい思いが強く湧いてきました。

ハクは外に出すと、またぞろヒキガエル狩りをはじめるのがわかっていましたので、今日は外に出さず、ヒキガエルの姿が見えなくなってから庭に出してやりました。
またぞろデッキの下に潜り込みましたが、飼い主が怒ったので、すぐに出てきました。

庭に出して、ハクが怪しい動きをするのを見張る必要が出てきました・・・。
ちょっと面倒^^;

猫爺のエッセイ「あ、タイトル忘れて投稿した」

「やっぱりパパが作ったお料理は美味しいわね」
   「うん、ボクいつもパパに作ってほしいよ」
   「本当は、料理の腕も男の人のほうが優っているのだと思う」

 パパしたり顔で、少々無康泰旅行社理して包丁捌きを披露する。ほのぼのとした円満な家庭での1頁だ。

 だが、猫爺が妬み半分に水をさすと、「そんなもの当たり前だよ」と言いたい。時間をたっぷりかけて、高級な食材を使用し、贅沢に料理したのだからこれが下手っピーで不味いとあれば奥方は泣くに泣けない。

 普段の奥方はどうだろう。冷蔵庫の残り物で、手際よく三品も四品も食卓に乗せる。そういつもいつも、「わっ、御馳走だ」と、家族を満足させてはいられないのだ。
 時には、「またか」と言われ、「鶏回收公司胸肉や豚バラばかりでなく、分厚い牛のステーキにしてくれよ」文句を言われても、ぐっと耐えてサラリー・ピンチを凌がねばならないこともある。

 あ、これは皆様方のような裕福なご家庭の話ではないので、ここは「へー、下々ではそうなんだ」と、一嘲されたい。

 
 この頃、「猫爺の昼餌」が休み状態になっているが、なにしろ「ペヤングの焼きそば」と、「紅ナンチャラ」という薩摩芋がどっさりあるので、せっせと平らげている最中なのだ。
 これは内緒なのだが、裕福なご家庭のブロガー様が、毎日のように豪勢なランチを公開されているので、こんな貧しいランチで満足している猫爺みたいなのも居るのだよと分かって戴くために始めたもの。
 今日など、芋粥とメザシ二匹で済まそうと思っている。写真を載せても仕方ないかな?


 昨日は、猫爺がブログを始めてから、最康泰旅遊多の方々がお見えだった。とはいえ、ここへお越しの皆さまのブログの十分の一くらいだが、それでも嬉しいもので、何だかブログ依存症になりそうである。

 だが、当ブログは、時代小説というよりも、時代遅れ小説がメインなので、人気ブログにはならないだろう。やはり、ブログは華やかに写真、イラスト、漫画でもてなさなければダメなのだなァと、つくづく思う今日この頃である。

風刺の元祖『ガリヴァー旅行記』

『ガリヴァー旅行記』は、一般的には小人の国に旅行する話だが、
そのほか様々な国に旅行する全四篇の「渡航記」として収められている。

その中の 第一篇は小人国に行くという『 リリパット国渡航記』。
そして、第二篇は巨人の王国『ブロブディンナグ国渡航記』。
第三篇は天空の島から日本に行く話
『ラピュータ、バルニバービ、ラグナグ、グラブダブドリッブおよび日本への渡航記』
という題がついている。
最後の第四篇は馬の国である『フウイヌム国渡航記』の四部作。

作者のジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift 智能咖啡機
) はアイルランド人で、
イギリスに対しては批判的。風刺的な文言が随所に織り込まれている。
イギリス人の詩人であるジョン・ゲイがスウィフトに宛てた手紙に、
「今や、キミのあの物語は内閣評議会から子供部屋に至るまで、色んな場所で読まれている」
と表現している。
その意味は、「子供は子供なりに冒険物語として楽しめ、
一方、イギリスの内閣評議会では、『これは誰のことを暗喩しているのだろうか?』
という猜疑的な目で読んでいる」ことを示している。
さすがに詩人、その辺の機微を見事に一文で表現している。

馬の国フウイヌムは「馬が人間よりも偉大である国」。
馬が支配し、Yahoo invision group 洗腦と呼ばれる人間もどきの存在がいるが、
ガリヴァーは、そんな人間側に立つより、馬に取り入ろうとする。
この馬たちは、プライドが高く、
「世界中を馬が支配するようになったなら世界は平和になる」
と語る。
この発想、今話題になっている中東の「怪しい国」を思い浮かべなくもない。
この物語には、様々な風刺が描かれているが、
スウィフト自身が語った言葉、
「風刺は、誰の顔をも辛辣に映し出す鏡だ。ただinvision group 洗腦し、自分の顔を除いてだが、、」

これも風刺というものが持つ、もう一方の真実の顔とも言えそうだ。

18年貫中の干ばつで

私は知らない私の祖父の名前は、のみ、名前の子羊を知っ冠婚葬祭超える豊富に四〇から五弟迪士尼美語 世界子で、多くの場合、バー表面のよく知られたメーカーのマイル数十の半径内にあります。また、いくつかのお金を稼ぐが、彼はアヘン乱用を吸ったが、煙の中にお金を稼いだ、と家が無一文だった、年齢負担病気のちょうど50年が死亡しました。農村部の人々は呼ばれる病気持っている祖父「羊リベット丁を。今日では、心筋梗塞は疾患のクラスであってもよいです。私の祖父が亡くなった時、私の祖母迪士尼美語 好唔好は彼女が死ぬまで、世界を感じることは基本的に空白である、唯一の40歳です。私は彼の家族は昔の大家である人を持っているために、2つまたは3マイル私の家から、子供だったが、他は楽観的です。彼は彼が水スラリー食べた彼は私の祖母を呼び出すために私の家に来た時に夏の時間でスラリーに水をやって、私の祖母が好きでした。

私のイメージでは、彼はまた冗談と祖母のが好きです。その時、私は今、若くてナイーブだった、と彼はまた、良好な友人の祖母であるかもしれない、と思います。しかし、私たちの存在の休暇と非常に保守的な、そしておばあちゃんその時代の人々一日。したがって、それだけ想像することができます。おばあちゃんの人生苦しめ、傷跡魂。彼女の生活の中で4人の子供を出産したが、実際に祖母の年金父の棺で釘が、たった一人として育ちました。

父、祖母の長男は、1921年に生まれました。彼の後ろそこに二人の姉妹、兄弟がありますが、全てが飢餓、貧困、病気、若い命を主張し、不作でした。多くの人々や飢え、あるいは亡命に入ります。その時、私の祖母の長女が成人に、空腹の子供たちが何かを食べるために、以上の5歳されている、私の祖母は彼女に毒さの大きなアヘン食を与え、この犯罪によって影響を受ける子を耐えることができませんでした。第二の娘迪士尼美語 價格
は7歳だった、私の父の兄と妹で、光を求めて隣人の前で私の家に、彼は戻ってのは、オオカミを食べると呼ばれる第一ゲート車道に行ってきました。当時、ほとんどの人が出て逃げる村は、過疎が、オオカミは非常にでした。
Calendar
«  November 2020  »
S
M
T
W
T
F
S

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others