EDの原因は血流?心理的ストレス?薬の副作用?

EDの原因は血流?心理的ストレス?薬の副作用?

EDのには主に3つのタイプがあるといわれています。
1つは血管や神経など、体に何らかの問題がある「器質性ED」。
加齢による老化や神経系の障害、生活習慣病の影響などが主な原因で、勃起に必要な血流が十分に巨人倍増ペニスに送り込まれないケースです。中でも多いのが生活習慣病の影響で、糖尿病や高血圧、心臓病、高脂血症などは勃起を阻害することがわかっています。糖尿病患者の8割、高血圧患者や高脂血症患者の6割以上がEDを併発しているというから、生活習慣病の人がEDに陥る確率はかなり高いといえます。
また、前立腺がんや膀胱がん、直腸がんなど、ペニスに近い臓器の摘出を行った人も、海綿体の血管や神経がダメージを受けてEDになる場合があります。他にもホルモンバランスの変化や椎間板ヘルニア、脊髄損傷なども器質性EDの原因と考えられ、交通事故などを機にEDになった、という人もいます。
2つめは、精神的な要因からくる「心因性ED」。
こストレスや不安、鬱などが引き起こすEDで、特に20代~40代など若い世代に多くみられる症状です。過労や人間関係の悩み、経済的困窮、職場のトラブルなど社会生活の中で生まれるストレスや、恋人や妻などのパートナーとの不仲、嫁姑問題といった家庭のストレスなどがシアリス 通販EDを誘発すると考えられています。
中でもペニスに関するコンプレックスがある人や、セックスに自信がない人は、プレッシャーから中折れなどを引き起こす場合があり、一度の失敗をひきずってどんどん症状を悪化させてしまうこともあります。
3つめは薬の服用による「薬剤性ED」。
抗うつ剤や抗てんかん薬、向精神薬など、精神疾患に伴う処方薬のほか、高血圧治療に使われる降圧剤、前立腺がんの治療薬であるアンドロゲン除去療法なども、EDの副作用を引き起こすことがわかっています。
これらはペニスへ三便宝の血流量を低下させたり、男性ホルモンの分泌を抑えて性欲が起きなくなるといった働きがあるため、服用するとEDを併発させやすくなります。「EDは年のせい」「EDは心の病気だ」と思っていたら、実は持病の薬が原因だった、ということも十分考えられます。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sdfhopaeuro/26143
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others