マネーフォワード、創業支援サービスの無償提供を開始

マネーフォワードは6月25日に、士業ITアドバイザー協会と提携し、会社設立関係書類や設立後の税務?社会保険関係書類の作成、事業開始後のバックオフィス業務ソフトの提供によるトータルサポート「MFクラウド創業支援サービス」の提供を開始した。
避妊薬
これまで同社は、「MFクラウド会計」「MFクラウド確定申告」「MFクラウド請求書」「MFクラウド給与」など、経営に関するクラウドサービスを提供してきた中、ユーザーから会社設立後の業務だけではなく、設立からワンストップでのサポートに関する要望があったという。

同社は士業ITアドバイザー協会と提携し、専門家のサポートを受けながら、複雑な創業に関する手続きを解決していくという。また、同協会によるサポート以外にも、会社の名前や資本金の額など、決まっていることを画面に従って入力することで会社設立に必要な書類が作成できる「無料登記ドットコム」や、「MFクラウド会計」「MFクラウド請求書」の無料提供(3カ月間)を新サービスの提供ソリューションとしている。中絶薬

「イスラム国」を笑い飛ばせ! =風刺コメディアンが人気―サウジ

保守的なイスラム教国として知られるサウジアラビアで、「イスラム国」など過激派を風刺して笑いを取るコメディアンが人気を博している。インターネット上で殺害の脅迫を受けながらも、本人は「アラー(神)が守ってくれるさ」とどこ吹く風だ。AFP通信などが伝えた。
 
このコメディアンはナセル?カサビ氏。サウジ系資本の衛星テレビMBCで、先週放映が始まったホームコメディー「セルフィー」に出演している。
 ed治療薬
ある回でカサビ氏が演じたのは、過激派に入った息子を取り戻そうと、自分も組織に潜入する父親。過激派メンバーに「不信心者」の喉を切り裂くよう命じられて気絶したり、自分を処刑しようとしたのが息子だったりと、組織の残酷さをコミカルに描写している。
 
ロイター通信によると、番組はソーシャルメディアで大きな反響を呼び、クウェートの女性歌手がツイッターで「『セルフィー』は警鐘ね」と書き込むなど称賛が続出。一方で「おまえの首を切り落とすまで、聖戦士は休まないだろう」と脅迫する投稿もあった。
 ペニス増大
21日放映のインタビューで、カサビ氏は「『イスラム国』について人々に警告することこそ、真のジハード(聖戦)だ」と主張。ツイッターでは「私のアカウントは、あらゆる悪態と脅迫であふれている」と明かした上で、「頭を冷やして。ショーは始まったばかりだ」と呼び掛けた。

首謀者殺害を否定=アルジェリア人質事件

リビアのイスラム過激派「アンサール?シャリア」は16日、ツイッターで声明を出し、日本人10人を含む多数が犠牲になった2013年のアルジェリア人質事件の首謀者ベルモフタール容疑者が米軍の空爆で殺害されたとの情報を否定した。信ぴょう性は不明。
巨人倍増
声明は、米軍が13日に実施した空爆で7人が死亡したと主張し、全員の名前を掲載した。この中にベルモフタール容疑者は含まれておらず、「これ以外に死者は出ていない」と説明している。
 
ベルモフタール容疑者は、北西アフリカの別の過激派組織「ムラビトゥン」の指導者とされ、アンサール?シャリア内でどのような立場であるかは明らかでない。 三體牛鞭