日本最凶の心霊スポット

盛岡市の郊外に「日本最凶の心霊スポット」と言われている
《慰霊の森》があります
催淫剤:http://www.催淫剤.biz/
1971年に起きた全日空機雫石衝突事故による墜落現場で、供養塔のある場所です

怪奇現象を体験する人が多く、中には車の窓に大量に手形が付いていたなんて話もあるとかないとか

死んだ事に気付かず彷徨う浮遊霊も多くいるとの噂があります

全日空機雫石衝突事故

1971年7月30日に発生した航空事故(空中衝突)

岩手県岩手郡雫石町上空(盛岡市西方)を飛行中の札幌発東京行きの全日空の旅客機?と航空自衛隊の戦闘機が飛行中に接触し、双方とも墜落した

自衛隊機の乗員は脱出に成功したが、機体に損傷を受けた旅客機は水平安定板と昇降舵の機能を喪失していたため、降下姿勢から回復できず速度が急加速し、音速の壁を突破したことにより約15,000ft(約5000m)付近で空中分解し墜落

乗客155名と乗員7名の計162名全員が犠牲となった三体牛鞭

発見された遺体は次々に収容され、遺体仮安置所とした小学校講堂に安置されたが、八千メートル上空での事故発生であり、機体が空中分解し遺体は地面にたたきつけられたので、バラバラになった肉片が木々にぶら下りその損傷は甚しいものがあった

この日の気温は最高33度を越す猛暑となり、遺体の腐敗が進すみ鼻をつく悪臭が捜査を困難なものにさせた

あまりにも変わりはてた肉親との対面にただ慟哭するのみであった

収容された遺体は検案、縫合、洗浄等の処置がなされると共に次々に白木の棺に納められ遺族の方々により身元が確認され次第、地元の寺を始め盛岡市内の寺に安置され、その後あまりにも数が多いため県内客所の火葬場及び遠くは宮城県仙台市まで輸送してそれぞれ荼毘に付されたのである威哥王

遺体は損傷があまりにもひどいため身元確認が困難し、一時は2遣体について引き取り手のないものもでたが警察の指紋の照合等によりこれも解決し、全遺体を遣族に引きわたす事ができた

この事故では静岡県富士市の北海道観光団125人も搭乗していたが全員死亡した

遺族代表の方は「私たちにとって、忘れることができない事故。事故が風化せず、航空関係者にとって、この場所が空の安全を祈願する場所になってくれれば」と話しているのだが‥

今では、《慰霊の森》の周辺には、御所湖(人造湖)がありレジャーやスポーツのメッカや盛岡の奥座敷の繋温泉などがあり、総合レジャースポットとして親しまれていますが、《慰霊の森》は、興味本位では絶対に行ってはいけない場所なんです

《慰霊の森》は、見ず知らずの土地で悲惨な航空機事故に遭い、その魂が眠る162人の鎮魂の場所なのです

どうか、興味本位では決して行かないで下さい
苦しんで死んだ人の心を傷つけないでください淫インモラル

40年以上の時が過ぎても、まだ成仏できない人がいるのかもしれませんね

事故に遭われた方々が早く成仏できることを心からお祈りします
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/sdgfgsdfgsaa/25669