彼らに熱心にマーケティングに参加してもらいましょう

4半期ごとあるいは年次の取締役会、会社がどのように目標を達成するか話し合う「諮問委員会会議」、各ユニットの進捗を報告する「ビジネスエリアレビュー会議」、リーダーが企業の状況を判断する重要なメトリックスを使って従業員全員と話し合う短時間の日課の「打ちあわせ」。この種の打ち合わせはくだらない内容で終わっても構いませんが、グループに明るさと活力を与えるものでなければなりません。

無駄なマーケティングを避けるには、製品やサービスに適した見込み客をターゲットにして下さい。広告スペースやCMの放送時間を交換することで、宣伝費を節約して下さい。もしこれが現実的でないのなら、一番良い値段を交渉して下さい。低コストで会社のメッセージを広めるには、自分や従業員が着る制服に会社のロゴや名前をプリントし、いつどこへ行くにも見せるようにしましょう。

また「パーケティング」という試す価値のあるテクニックがあります。これは、会社の名前の付いた自動車を混雑した場所に停め、道行くたくさんの人に会社の宣伝メッセージを見てもらう手法です。さらに、毎日チェックする特定のタスクを従業員に与えることで、彼らに熱心にマーケティングに参加してもらいましょう。