慶応を逆転する有効な手段にはならなかった

精力剤ランキング早慶対決は、今後も慶応優位が続くのでしょうか? 早稲田が「逆転」するとしたら、地方入試の実施は鍵になるでしょう。地方入試を実施したところで「慶応流出」を食い止められるかは別問題です。予備校や高校進路教員など関係者の間では「早慶対決だと当面の間、慶応有利は変わりそうにない」との見解で一致しています。かつての慶応大がSFCを設立したことでイメージを一変させたように、早稲田大も学部新設や教育支援策などでイメージを一変させない限り、慶応優勢の現状は変えられそうにありません。

地方入試は、2014年入試で志願者数日本一となった近畿大、その前年トップの明治大など多くの私大で導入しています。京都の立命館大は2014年度入試での志願者数は8万6935人。うち、近畿内外で分けると近畿4万1354人、近畿外4万4961人と大学所在地のエリア外の方が多くなっており、志願者を集める有力な施策となっています。奨学金制度で利益を受ける人は少なく、学部新設・改編もイメージを一変するほどのインパクトはありませんでした。慶応を逆転する有効な手段にはならなかったのです。

仮に早稲田大が地方入試を実施した場合、会場数にもよりますが、4万人前後、あるいはそれ以上の志願者数を集め、慶応大への志願者の流出を食い止める手段となる可能性はあります。この状況を受け、早稲田大は大学改革を次々と実施します。地方出身で入試成績上位者を優遇する奨学金制度の創設、国際教養学部の新設、政治経済学部国際政治経済学科の新設、第一文学部・第二文学部の改編、理工学部の改編……。

上海市政治協商会議が11日に明らかにした

上海で1-9月の消費財総売上高は前年同期比8.5%増の6393億8900万元で、前年同期の8.7%増を下回った。うちネットショップの売上高は21.7%増の669億3400万元と、全体の10.6%を占めたが、百貨店、総合スーパー、スーパーの売上高はそれぞれ7.1%、3.8%、2.9%下がった。威哥王

ネットショッピング支出の激増は、消費需要を喚起する一方、実店舗の存立を脅かしている。上海で商業企業の賃貸料、人件費、水道料・電気代、物流などランニングコストが上昇し、賃貸料と人件費はそれぞれ20年前の5倍と10倍になったが、商品販売の粗利益は足踏み状態にある。経営破たんが続出している。

第1四半期(1-3月)に、上海市南京西路で店舗の賃貸料は1平方メートルあたり1日83.5元で、徐家匯では74元だ。 上海市政治協商会議経済委員会は市商務発展研究センターと「上海市商業転換・グレードアップを促す調査研究報告(草案)」を作成した。上海市政治協商会議が11日に明らかにした。紅蜘蛛