駐韓米大使「韓国が参加すればTPP価値が大きく高まる」

マーク?リッパート駐韓米国大使が環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に韓国が参加すればTPPの価値が大きく高まると明らかにした。
狼一号
リッパート大使は28日、世界経済研究院と韓国貿易協会が開いた朝食講演会で「韓国はアジア太平洋地域の経済に多大な影響を及ぼしている」と伝えた。続いて「韓米両国は高い水準の自由貿易協定(FTA)を結んでおり、韓国は自然にTPPの候補」と伝えた。
三便宝
リッパート大使は「TPPが交渉最後の段階に来ている」としながら「交渉が妥結すれば世界交易の30%、世界総生産(GDP)の40%、消費者8億人をカバーする」としてTPPの重要性を強調した。
五便宝
TPPは、アジア太平洋地域の経済統合を目標に交渉が進められている米国主導の多者間自由貿易協定で、現在まで12カ国が参加している。

アジアサッカー連盟がFCソウル戦の誤審を認める、「再発防止に努める」

サッカーAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループH第4節、FCソウルがアウェイで臨んだウェスタン?シドニー?ワンダラーズ戦で、誤審があったと申し立てていた問題で、AFCから事実上誤審を認める回答があったことが分かった。21日付で新浪体育が伝えた。
曲美
韓国メディアは、FCソウルが広州恒大戦を控えた18日、AFC側から書面で「FCソウルの抗議に理解を示す」との回答があり、事実上、誤審を認めたのと同じだと報じた。問題となっているのは、7日に行われた試合。アウェイのFCソウルは後半ロスタイムにDFイ?ウンヒが、決まれば決勝点となるシュートを放ったが、相手GKはゴールラインを越えたボールを捕球した。主審の判定により、加点とはならず、試合は1-1と引き分けた。

FCソウル側は試合後、この判定について「GKはゴールラインを超えていた」と主張、AFCに正式に異議を申し立てていた。AFCは回答で、「FCソウルの抗議に理解を示す」とともに、FCソウル側の改善要求を受け入れ、「2度と類似の事件が起きないよう防止に努めていく」と表明したという。媚薬

死んだ母親を生きていることに 年金だまし取った男を逮捕 小倉北署

実の母親が死亡したのに、生存しているかのように受給手続きをし、厚生労働省をだまして遺族厚生年金約123万円を不正に得たとして、福岡県警小倉北署は15日午後4時4分、北九州市小倉北区中島1丁目、無職男(68)を詐欺容疑で逮捕した。花痴
 
同署の調べによると、男は、実母が死亡し、実母が受けていた遺族厚生年金の受給権が消滅したことを知りながら、引き続き、同年金を厚生省からだまし取ろうと計画。
 
男は、実母が引き続き生存しているように装った「年金受給権者現況届」を日本年金機構本部に郵送。厚生労働省年金局事業管理課長(48)らに、実母が生存しているものと誤信させ、平成25年12月13日から、今年2月13日までの間、8回にわたり、実母名義の普通預金口座に合計約123万円を振り込ませ、だまし取った疑い。勃起促進

NHKやらせ指摘問題 「クロ現」一部誤り認める「『ブローカー活動拠点』は裏付け不十分」…やらせ疑惑は

NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘されている問題で、NHKは9日、中間報告を発表し、番組内で大阪市内のビル一室を「ブローカーの活動拠点」とコメントしたことについて、「裏付けが不十分だった」と誤りを認めた。一方、記者の指示によるやらせについては関係者の話が食い違っており、今後も検証を続けるという。
勃起促進
問題となっているのは、昨年5月14日に放送された「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」。ブローカーを介した多重債務者が、出家して名前を変えることで融資などをだまし取る手口を紹介。週刊文春は今年3月、番組内で詐欺に関わるブローカーとして匿名で紹介された大阪府内の男性が「記者に頼まれて架空の人物を演じた」と証言する内容の記事を掲載した。

男性は今月1日、「ブローカーをしたことはなく、犯罪者のように放送されたことに憤りを感じる」として、NHKに訂正報道を求めていた。媚薬

ドコモとエイベックスが動画サービス拡充へ、「dTV」に衣替え

[東京 2日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>とエイベックス通信放送(東京都港区)は2日、4月22日から動画配信サービスを拡充すると発表した。エイベックス通信が運営、ドコモが提供する「dビデオ」を刷新、サービスブランドを「dTV」に変更するとともに、オリジナルコンテンツなどを強化する。花痴

dTVを自宅のテレビでも視聴できる専用アダプターも発売する。ユーザーは、外出先でスマートフォン(スマホ)などで見ていた作品の続きを、帰宅後にテレビで視聴できる。勃起促進

dビデオの会員数は3月末現在で460万件。エイベックス通信の村本理恵子取締役は戦略発表会で1000万件を目指したいと意欲を示した。
媚薬
携帯電話各社は音声通話の伸びが期待できない中で、データ通信の増加を見込めるコンテンツ配信事業を強化しており、ドコモが提供するdビデオやdアニメなどの「dマーケット」は1月に1000万契約を突破した。dマーケットの2014年4─12月の取扱高は前年比約30%増の528億円。10─12月期の1人当たりの利用料は前年比約40%増の1040円と急成長している。